父にまつわる物語 
2015
       
    <タイトル>       <作者>     <訳者>    <出版社>         <おすすめコメント>
 父がしたこと    ニール・シャスターマン    唐沢則幸:訳   くもん出版    ある日、父親が母親を銃で殺してしまう。実際にあったことを元にした
家族の物語。「パパを許してしたら、死んだママはどう思うのだろう」
               
 ケルトとローマの息子   ローズマリー・サトクリフ    灰島かり:訳    ほるぷ出版    ケルトの戦士として育った少年はローマ人の子だった。災いを呼ぶと
村を追われた少年に待っていた運命とは。
               
 だから、あなたも生きぬいて    大平光代       講談社    子どもにとって、必要な援助してくれるのは、実父だけではない。やくざ
の妻から生き直し弁護士になった大平さんの自伝。
               
 GO    金城一紀       講談社    家族を守るために在日朝鮮人として生きてきた父親の過酷な人生。
でも自分は生まれて育った日本しか知らない。自分とは何者。
               
 太陽の子   灰谷健次郎        理論社    ふうちゃんのお父さんは、ときどきおかしくなる。病気と言えば病気だけれ
ど沖縄亭に集まる人たちは理由を知っている。
               
 お父さんの納屋    アヴィ   谷口由美子    偕成社    アメリカ開拓時代、父親が命の関わる病気になり、納屋を建てるこ
とが家族の希望になった。70年たっても納屋は立派に建っている。
                   
 ヒットラーの娘    フレンチ    さくまゆみこ:訳    鈴木出版   ヒットラーには障害のある娘がいた。悪化していく戦火の中かご
の鳥のような少女の運命は・・・・ 
 
                   
 父さんお手紙はぜんぶおぼえた    トヴ   母袋夏生:訳     岩波書店   ユダヤ人でもその外見からオランダ人の家庭にかくまわれた少女がいた。父親
からは手紙が届いたが、それはすぐ処分された。だから覚えた。実際の話。