麻生藩家老屋敷記念館




   
江戸時代,茨城県行方市麻生あたりを治めていた麻生藩の家老

 のひとり畑家の屋敷である。
  
  安政4年に建て替えられ150年ほどになる。明治23年に医

 者であった福田家の所有となった。

  平成3年に旧麻生町に寄贈され,現在は県の文化財の指定を受

 ける。
 
  左の写真が主屋である。寄棟造りであるが,玄関にあたる式台

 の屋根は入母屋造りになっている。2011年に吹き替えたばか

 りの茅葺きの屋根は,美しい。

  茅にも種類があるそうで,こちらは水辺に生息する島茅を使っ

 たそうだ。なるべく地元の素材を使うというこだわりである。

 
                             現在は行方市教育委員会生涯学習課で管理。
  
 


 
 
    麻生藩

  
 関ヶ原の戦いで石田三成の西軍に
 
 ついた新庄氏だったが,その後許され

 近江から麻生に配置された。外様であ

 りながら明治まで移封されることがなか

 ったのは,めずらしい。殿様のいた陣屋

 (現在の麻生小学校)を囲むように主だ

 った家臣の家が並ぶ。畑氏の家老屋敷

 もそのひとつである。