フクロウ
  ・不苦労・福朗

 
いろいろな文字を当てて縁起
をかつぐつるし飾りの代表格

<型紙なし>
<材料>
胴×1枚
腹×1枚
化繊綿 適宜
目 白円×2枚
くちばし ×1枚
 
<作り方>
1 中表、縫い代0,5pで腹
 と胴の端を下から腹の先端
 まで縫い合わせる。
 下はひっかっけて、終わり
 は縫い代分控えて返し縫
 い。
 
 
2 反対側も同じように縫う。
3 カーブには縫い目に対して
 直角に切り込みを入れる。
4 腹を胴より上に出したいの
 で、胴を見てきせをかける。 
 
 
5 表に返して形を整えたら、
 返し口(すそ)からふんわり
 ほぐした綿を腹の先端まで
 入れる。ギュウギュウ押し
 込まない。
 
 
 胴と腹の縫い目から針を出
 し、すそ0,5pを大きめのぐ
 し縫いで一周縫い、親指を立
 てて絞る。
 
●縫い代がきれいに内側に入
らないときは、ハサミなどでしっ
かり押し込む。
7 玉どめは近所のひだ山を2,
 3針すくい、絞りにゆるみがな
 いかを確かめてからおこなう。
 
 
8 胴の上のほうの三角(綿が
 入っていないところ)を写真の
 ように畳みピンを打ってバラン
 スを見、先端を糸で留める。
 頭の上部の両端は尖るように
 指で引っ張って形つくる。 
 
 
9 白目、くちばしは位置を決め
 てからボンドで固定。●目は
 黒目をボールペンやマジック
 で書く。ボンドがしっかり乾くと
 にじまなくなるので急がない。
 
 
●生地、色、柄は選ばないので
好みの組み合わせて。たくさん
作って輪飾りにすると楽しい。
間に三角や秋冬のシンプルな形
を組み合わせてもよい。
●なるべく既製品のプラスチック
の目は使わないようにしよう。
●羽や足、お腹に何かつけても
よいがぬいぐるみにならないよ
うに注意。