タケノコ・筍
 
<型紙なし>
<材料>
本体A 1枚
本体B 2枚
本体C 1枚
皮A裏表  各1枚
皮B裏表  各2枚
皮C裏表  各2枚
口べり   2枚 
化繊綿  適宜
飾りひも  適宜
<作り方>
1 本体Aを中表、縫い代
 0、5p頂点は穂先を挟ん
 で縫い合わせる。返し口
 は下の直線部
●穂先はていねいに半返

 
2 切り込みを入れ、表に
 返し形を整える。
3 皮を中表、0,5p穂先
 を頂点に付けて縫い合
 わせ切り込みを入れた
 らきせをかける。●裏地
 を少し見せたいので表地
 を見て折る。
 
 
●先端の芽の向きは本体
Aと全て同じ向きになるよ
うに気を付ける。 
 
4 本体Aに皮Aをまとわせ
 る。本体と裾を合わせ、中
 心が真っすぐになるように
 ぐしぬいで合わせる。
 Bも同じように裾で合わせ
 ぐしぬい。●頂点の真下
 に重ね目を作る。
 
5 4に本体Aを口べりのよ
 うに折り、下を合わせて4
 にざっくり縫いつける。
 
 
6 長くなる本体を補強する
 のが本体B。最終的には
 見えなくなるので、下部を
 そろえて0,5pぐらいのと
 ころを縫い合わせる。
 
7 2枚目の皮Bを重なり部
 分が中心でそろうようにま
 とわせ、本体Bの下に重
 ねてざっくり縫い留める。
 ●仕上がると隠れる
 
8 皮Cをまとわせ、すそを
 皮Bにそろえてざっくりと
 める。重ねの中心がずれ
 ないように。
 
 
9 本体Cの下を8に合わせ
 て下から0,5cmを丁寧に
 縫い合せる。
 
 
10 上下をこの字まつりで
 綴じる。
 
 
11 両端を内側に0,5p
 折ったら横長に折り、横
 から縫い代0,5pでスタ
 ート。かなりきつめの半
 返しでしっかり縫いつけ
 る。
 
 
12 紐を通して一周半、
 紐を絞って蝶々結び。
 紐先は結んでボンド。
●色はお好みで、裏と表
が同じ色でもよい。本体C
は本物の筍の粒粒を感じ
させるものを選ぶとよい。
 

上のほうに筍が5本 
作品展に出品された小夜子
さんの力作「春のかご」

夫の名前にタケが付くので
二人の子供はタケの子。と
いうわけでk京子さんは課
題を大小の筍に。