お内裏様
  めびな
 
<型紙>
着物
 
 袴 
<材料>
本体
着物表
   裏
袴土台 ボール紙
  半径cmの扇型
袴(赤地)
紐 袴の余りを三つ折り
底 直径7cm円ボール紙
底布 直径9cm
頭 直径7cm(白地)
半襟 2色2,5cm×10cm
    白 3cm×10cm
袖ふき 3cm×10cm2枚
髪 黒ミシン糸
化繊綿 髪用結び紐

<作り方>
1 髪
@後ろ側の長い髪は
 文庫本に90から100
 回巻き付け、崩さな
 いようにそっと外し
 て同じ黒糸で結ぶ。
●本は背表紙に近い
ところを使うと厚みも
安定していて作業が
しやすい。 
 
A脇の髪は指4本に30
 回巻き付けて写真の
 ように黒糸で固結びで
 ほどけないよう結んで
 おく。
 
 
B結び目の反対側をよ
 く切れるハサミで切っ
 ておく。
●櫛や楊枝を使ってき
れいに整えておく。
 
2 頭
@一辺7cmの正方形を
 田の字に折って円を
 切り出す。
A縫い代0,5cmでぐし
 縫いし、綿を丸く畳ん
 で丸い方を底に置い
 て絞り玉どめ。
●縫い代は内側に押
し込んでおく。
 
 
B形を整えるとき、気持
 ち横長、あごはしわの
 無い部分を選んぶ。
C顔の長さの1/2より
 下にミシン糸一本取り
 で上げたり下げたりし
 て表情をつけないよう
 に真横に目を刺す。口
 は小さくへの字にはし
 ない。眉は小さな円を
 薄く上品に。●かくとき
はぼた落ちしないボール
ペンがきれいに描ける。
初めての方はイメージを
しっかり持って、必ず練
習してから描こう。 
 

目は六十番糸で上品に
3 着物を縫う
@中表、縫い代0,5cm
 で縫い合わせるが、
 裏をふきにして出した
 いので、表地より      0,5cm大きく裁断して
 ある。
 縫い合わせる時は、
 ピンを丁寧に打ち表
 地を引っ張り気味に
 裏地と合わせ縫う。
 
 
A襟ぐりの切り込みは   0,5cmの縫い代で、
 先端は丸く。縫って
 から真ん中にハサミ
 を入れる。先端だけ
 切り込み。
 
 
B全体に切り込みを入
 れたら、返し口から表
 に返し表布を強く引い
 て形を整える。ふきの
 部分は、ゆっくり表地
 にカーブにあわせて
 形を整える。
 
 
C裾あたりに細長く綿を
 敷く。
D袖の重ねに2枚それ
 ぞれに細長く綿を入れ
 横半分に折ったら、
 さらに縦半分に折り
 端を小さく止める。
●ボリュームを出したい
ときは綿が逃げないよ
うに横長の折りの時、
ボンドか仮に縫い合わ
せる。
 
 
E重ねる順は衿の重ね
 と同じ。2枚を適当にず
 らして、着物の袖を折
 ったら袖口に挟んでバ
 ランスを見る。OKなら
 袖口に点ボンドで固定。
F折り返した袖は裏側
 で縫い止める。
 
 
4 土台
@ボール紙に型紙の円
 錐を写し、頂点を扇に
 カットし残りを裾からを   0,5cm重ね、ホッチキ
 スで裾から上に向かっ
 て3カ所ぐらい留める。
●後ろ中心になる。
 
A更に前中心(後ろ中心
 の反対側)の上から    0,5cmぐらいを切り取り、
 さらに後ろにむかって
 自然なラインを折り込
 んで頭を付ける位置を
 作る。●頭を実際に置
いてみて据わりの良い位
置を作る。穴が大きすぎ
ると陥没するので慎重に。
 
 
5 袴
@型紙より裾を0,5cm出
 してカット。上部の残り
 は袴の紐になるので
 取っておく。
●袖の合わ方で見えな
くなるので、面倒な方は
紐や結び目なしでも。
  

 
A袴をボンドで汚したく
 ないので、まずは手に
 ボンドをつけない。裏
 側は表を貼ってから
 折り返す方に切り込
 みを入れ、裏のボン
 ドをつけて引っ張り目
 に固定。
●幅が合わないときは
後ろ中心で調節。丈も
上はほぼ見えないので
上で調節。しわが出な
いように気をつけよう。
 
 
B紐は三つ折り、結び
 目も同じ巾で作り写真
 のようにボンドで固定。●紐も結び目も正面で
見える量を作ればよい。
 
 
6 着付け
●写真では髪を付けて
いるが工程の一番最後
に付ける。

@頭1/2(目の位置)か
 ら正面の口の下に後ろ
 中心から引っ張り気味
 に半襟をつける。●重
なりは前中心(口)に合
わせる。頭と土台をつな
ぐ部分なので丁寧に。
 
 
A更に重ねる2枚はそれ 
 ぞれゆるませず後ろ中
 央、耳、前、中心の5点
 でボンドでつける。
●重ねの中心はずらさず
気持ち下げるときれい。
  
 
B表地はAの上から裾
 広がりになるよう形作
 り同じように付ける。
 
 
C袴の上に頭を乗せて納
 まりがよい位置を決め
 る。
 
 
D袴の紐の付け位置で
 余分な衿を袴の裾と平
 行にカット。
E紐を載せてみて収まり
 が悪いときは着物の衿
 の下から綿を入れて余
 計なしわや不自然な形
 を修正。
F袖を折って前に合わせ
 てバランスを見る。
 
 
3 髪をつける
@口の延長上、頭頂部ぐ
 らいの場所に長い方の
 髪の結び目にピンを打
 って確認する。●脇の
 髪があるので顔は広め
 に。きれいに後ろで広
 げる感じで位置を決め
 る。
 
 
●心配なら脇の髪を置い
てみる。結び目はほぼ同
じ位置に。 
 
Aピンを打ったまま髪を
 持ち上げ、頭頂部にポ
 チポチとボンドを置き、
 髪を偏り無く(肌が見え
 ないように)丁寧に楊
 枝や太い針を使い、広
 げる。
B脇髪も同じように固定
 する。●落ち着いた梳
 いてあげよう。仕上げ
 がぐっと違う。固定する
 ときは手で触れないよ
 うに。もしボンドが表の
 髪に付いてしまったら
 水を付けてボンドの塊
 を小さくする。半乾きで
 いじると透明にならず
 固まることがあるので
 注意。
 
 
 
C後ろ髪は両端を少した
 わめるため利き手の親
 指か人差し指を髪の下
 に入れてたわみを作る。
 
 
Dリリアンなどを3回ほど
 巻き付けて固結び。結
 び目にはボンド。
E最後に床屋さんのよう
 に指で髪を挟み、よく切
 れるハサミでカット。
 
 
●袖先は好みでボンドで
固定。扇を持たせると袴
の結び目は見えなくなる。
指先は付けない。本来ふ
きは十二単衣にはないの
でほどほどに。