豆雛・まめびな
   
たくさん作って段飾り

女雛(後)は袖にカーブが付けて
あるので、腕の長さが小さめ。 
<型紙>

 20,5cm×3,5cmの台形
●訂正 下から上に向かって
(底)→(前)→(後ろ)→(底)
 →(袖) 前後を入れ替え 
 
<材料>
胴 表・裏×各2
頭 直径4cm
底 厚紙
<作り方>
1頭 縫い代0,3cmでぐし縫い
 し綿をたたんで中に入れ、
 縫い縮め縫い代を内側に
 押し込み玉留め。
 
 
2 髪
指2本に35回巻き、指から糸を
外したら中央を結んで両端の
輪を切り離す。●切りそろえる
のは最後。
3 胴
@裏と表を中表、縫い代0,5cm
 で返し口から返し口までを縫
 い合わせる。
 
 
Aきせをかけたら表に返し、
 形を整える。
B底にはる台形の厚紙を
 返し口から入れ、ボンドで
 固定。
C返し口をコの字まつりで
 閉じる。
 
 
D順々に折って形を作り、前
 と後ろの境の真ん中に袖と
 胴の頭の付け位置に針を入
 れ胴を固定する。
E後ろに折り返した底布は厚
 紙を貼った底に表からまつり
 付ける。
 
F頭はEの上に立てるように
 まつり付ける。●くれぐれも
 寝かせない
。縫い代は後ろ
 側へ。
 
4 仕上げ
@頭にボンドを付け髪を均等に
 広げて固定。
A1cmほどのリリアンにボンドを
 付け二つに折って額に貼り付
 ける。
B扇を切り抜いてボンドで貼る。
●男雛は尺を貼る。
 
 
 
 
C袖先を折って、裏地と表地の
 間から2本取りで針を出し、き
 つめにほんの少しすくって玉
 留め。
D顔は最後。ボールペンで目、
 口。表情は喜怒哀楽の表情を
 付けない方がお雛らいしい。 
 
●生地がある程度しっかりし
ていないと形が作りにくい。必
要なら芯地を貼ってもよい。
●男雛の冠は難しいので、女雛
と同じ飾りで。 
 
●小さいので小物も簡素に。だ
から5人囃子も3人官女もアイデ
ィア次第。輪飾りでも、タペストリ
ーでも。梅や桜、橘なども。
●胴の前を切り替えて袴と見
立てるのもいいかも。
 
 ↓ 
              久美子さんのアレンジ