ふきのとう
 
<材料>
外葉 6cm×5,5cm×表裏各5枚
内葉 5cm×4cm×表裏各3枚
花芯 直径3cm×1枚
花芯台 内葉と同じ ×2枚
口べり 5cm×5cm×2枚
<型紙>
 外葉

 内葉と花芯台
<作り方>
1花芯: 縫い代0,3cmでぐし
 縫いし、綿をたたんで中に
 入れ縫い縮める。形はふく
 らみのある碁石ぐらいに整
 える。
2花芯台;中表縫い代0,3cm
 で縫い合わせ表に返した
 ら綿を入れ、返し口をぐし
 縫いし縫い縮め玉留め。
3 1の丸みがきれいに出る
 ようにと2を縫い合わせる。
 
 
4 葉を縫う
@しっかりしている方の生地
 に型紙をあて切り取ったら、
 反対側の生地の上に中表
 で載せる。
 
A縫い代0,3cmで下の直線を
 返し口にし、引っかけて頂点
 まで縫う。尖らせたいので頂
 点は半目飛ばし、反対側を
 縫ったら引っかけて玉留め。
 ●糸はかなりつり気味に。
 
 
B切り込みを入れ裏側を見せた
 いので、表を見てきせをかけ、
 表に返し形を整える。
C上から1/2に綿をふわっと入
 れたら、裏側を見てタテに折り
 下から1/2ぐらいのところにダ
 ーツの先端位置を決める。●
 裏表の生地がなるべくずれない
 ように気をつける。
D下の半分をダーツに折る。端か
 ら1/2のところが終わりの位置。
 ダーツの頂点を2回ほど小さくす
 くってから縫い下まで来たらひっ
 かけて玉留め。 
  
 裏
 表
E表を見てきれいに形を整える。
●外葉5枚、内葉3枚をつくる。 
5 葉を花芯台に縫い付ける
@内葉の下から針を入れ縫い合
 わせところから出してコの字ま
 つりで縫い合わせる。
A下まで来たら花心台の下の線
 に合わせ2回ほど強く糸を引き
 下に合わせて0,3cmのところを
 縫ったら玉留め。
B次も同じように下から針を入れ
 @Aと縫って3枚を縫い付ける。
 
 
C同じようにBの上から外葉を
 ていねいにきつく糸を引き縫
 い付ける。
 
 外葉一枚目
6 口べりを付ける
@両端を0,5cm内側に折り込み、
 横長に折る。縫い代0,5cmで
 本体の底に半返しで縫い付け
 る。●外葉の縫い代が見えな
 いようにし縫い代を決め、口べ
 りを本体より引っ張って仕上が
 ったとき弛まないようにする。 
 
A。  
 
 

木綿なので縫いやすいが、天ぷらには
広がりすぎ。 
 
絹地なので、先端の処理が難しいが
重なり具合はOK