出目金
 
ちょっと難しいが
 出来上がるとうれしい
 
<型紙なし>

<材料>
頭 左右各1枚
胴 左右各1枚
尾ひれ 左右表裏各1枚
胸びれ 左右各1枚
口べり 2枚
底    1枚 
目玉台 直径2,5p2枚
白目  各2枚
黒目  各2枚
化繊綿・飾りひも 適宜
★左右と書いてあるのは
同じ向きの同型を作らな
いように気を付けて
●上下、口尾が分かりに
くいので印をつけておく

<作り方>
1胸びれ
@中表、0,3pで直線部
 を返し口に縫い合わせる
A表に返したら形を整え
 返し口あたりから深めに
 折ってひだを作る
●ひだは左右対称になる
ように気を付ける
 
2 尾ひれ
@返し口以外を中表、縫い
 代0,5pで縫い合わせる
●凹部は深めに、尖ったと
ころは半目飛ばし
●切り込み線があるところ
は0,3pで続けてぬい先端
は小さなカーブで丸みをつけ
元に戻り続けて縫う
A切り込みをていねいに入
れ表に返し形を整える
●イメージのカーブが出るま
で指アイロンで強めに伸ばす
 
 
3 頭と胴を縫い合わせる
@胸びれを下向きにならない
よう胴に仮止め
 
 
A頭と胴を中表に合せ縫い
 代0,5pではじめと終わり
 は縫い代分を控えて返し
 縫い
●胸びれが当たるところは
厚くなるのでていねいに縫う
●待ち針は3か所
 
B頭が上に載るように形を
 整える
 
C胴の上と頭の上を中表0,
 5pで胴のほうから縫い代
 分控えて縫い合わせる
 
 
4 尾と胴を縫い合わせる
@尾の外側と胴の尾のつけ
 位置を合せ、中表、0,5p
 で縫い合わせる
A反対側も待ち針で押さえて
 @の続きで縫う
●多少合わなくても口べりを
つけるときに直せる
  
 
5底を縫いつける
@底を胴の尾の付け位置の
 下部分から中表、0,5pで
 口のまで0,5p控えたとこ
 ろまでに縫い玉どめ
●口先に布を挟むので空け
ておく
A反対側も同じように縫い合
 わせる
6口べりは尾の上部のつけ
 位置と突き合わせて縫う
 
 
7 綿を頭と胴に入れる
●尾びれに入れない
8仕上げ
@口べりの下から尾の内側
 をコの字まつりで綴じる
  
A口先にバイヤスのように
 折った小さなループを押し
 込みボンドで固定
 
 
B目玉台を0,3pで縫い縮
 め綿を入れ縫い代を押し
 込むか糸をかけて目立た
 ないようにしたら玉どめ
 糸は切らず気持ち外側に
 開く位置でしっかり糸を引
 いてまつりつける
 
 
C白目、黒目を外に開いた
 位置でボンド付け
 
D飾りひもを口べりに一周半
 通して蝶々結び ●結び目
 にボンドを必ずつける
 
 
●色・柄はお好みで 尾びれ
など形作りにくい部品もある
ので薄地のほうがよい
●チュールなどを使うときは
胸びれをきりっぱなしでも
●黒は縫いにくいが、青やこ
げ茶、赤糸を使って作るとい
い