つぶやき 2024年1月
   
       2023年12月はこちら
 1 孫一家が帰えれば大人ばか
り、静かなもの。京アニの「響
けユーフォニア」の率直さに涙
して、遅い昼を済ませ大人4人
分の布団セットを片付けた。
 
4  家老屋敷の飾り付けに行って
きた。記帳一番を狙っていた
のにすでに。でもうれしい。
今年もよろしくお願いします。
 
11  白内障の手術が終わった。大
人しくと言われてても、何も出
来ないと活字を追ってしまう。
額賀澪 著「青春をクビになっ
て」はなかなかよい。得した気
分。
 
12  今年は門松がいつもより会社、
商店、個人住宅に少ないよう
感じられる。記録を残したい。
散歩の途中、パチリ。
 
15  小正月がきたとかいっていた
ら、もう月半ば。左目の手術は
今週。落ち着かないねぇ。右は
OK。
 
19  今日は良い天気〜♪久しぶり
に眼鏡のない生活。完治では
なく落ち着くまで新しい眼鏡が
作れないから。調子に乗って
2本も作ったら手首が痛くなっ
てきた。
 
22 万城目学が直木賞を受賞した。
うれし。文庫仲間では同志が
見つからなかったので話題に
上ることはなかったが。おめで
とうございます。
 
25 いやぁ〜、寒い。暖かなこの辺
りでも寒風が吹き荒れている。
なのに青梗菜は春!
 
26  「クローズアップ現代」に作家で
元外務相の外交官だった佐藤
優氏が出演。「内在的理論」に
ついて相手が何重要視してい
るかということを把握することで
的確に外交交渉は進む。悪魔
化は思考停止。
 
30  一月もそろそろ。平安時代の十
二単衣、色の重ねにうっとり。し
かし寒いだろうなぁ。あの家の作
り。気になるので周辺の資料を
あさっている。