三猿
日光東照宮で有名な「言
わざる・見ざる・聞かざる」
の3匹の猿。成長途中の
幼児によくないことに触れ
させないという意味がある
とか。ネガティブな意味で
はないらしい。
 
 言わ猿
見猿 
聞か猿 
 
<材料> 一体分
頭  直径5cmの円×1枚
手  3cm×3cm×2枚
体  10cm×10cm×1枚
ちゃんちゃんこ 
 表 6cm×11cm×1枚
 裏 同寸 
     ×1枚
●大きなサイズは下
<作り方>
1手 
@正方形を対角線で半分
に折る。
A下図のように折る。
BC図になるように折る。
C重ねたところを仮留め。  
 
玉留めなし 
2 頭 
@0,3cm0,5cmの縫い
 代でぐし縫いし綿を入れ
 て縫い縮め細長い顔に
 形を整える。
A写真のようにまん中、
 中央寄り目、すぐ下に鼻
 口、上に皺をボールペン
 でかく。頬紅もボールペ
 ンが描きやすい。●着物
 を着せてから描いた方が
 失敗がない。目が1/2の
 高さ。
 
 
3 本体
@生地を広げて表の左右
 の両端に折り目が見え
 るように手を置く。・手先
 内側を向く。
A手をはさんで中表に折
 り縫い代0,5cmで頂点
 から3,5cmまで(返し口)
 縫い合わせ返し縫いをす
 る。・手先は厚くなるので
 細かくていねいに。 
下が前  
 B表に返し形を整え返し口
 からふんわり胴の部分に
 綿を入れる。・手には入れ
 ない。
 
C頭の返し口を0,5cmで
 ぐし縫いする。頂点は丸
 くカーブを描くように。・糸
 は切らない。
D顔が小さくならないよう
 ボンド(お手玉だるまと
 同じ)を置き、糸を引きな
 がら形よく頭の辺りを整え
 貼り付ける。  
 
E下の部分もぐし縫いし
 縫い縮め形を整えなが
 ら顔と胴をまつり付ける。
 両端は2回ほどきっちり
 糸を引き補強する。
4 仕上げ
手先をそれぞれ口、耳、目
のあたりボンドで固定する。
●ちゃんちゃんこを着せる
のは手を固定する前に。
 
ちゃんちゃんこ●
@中表、縫い代0,5cmで
 返し口を残し縫い合わせ
 きせをかけ、表に返し形
 を整える。
 ・角は半目飛ばし
A着せ付けたら手縫い二
 本取りで前と両脇をすく
 って形を作る。
 
 
・生地は平織りの木綿が
作りやすい。ちゃんちゃん
こは裏表は別布の方がお
しゃれ。
 
 
●このサイズだと据わりが
悪いので下げて飾りましょ
う。●本体を3色またはち
ゃんちゃんこで変化をつけ
てもいい。●丸顔もあり? 
 
頭   直径7cm
本体  15cm
手   4cm×4cm
手の長さ  11、5cm
●大きいので底をつければ
座れます♪  
底3cm×1,5cm 芯