ねずみ
 
<材料>
本体 6cm×11cm×2枚
耳 1,5cm×3cm×裏表各2
尾 1,5cm×11cm
 
<型紙>なし 
<作り方> 
 縫い目は心持ちつり気味
1耳 2個
@長方形を半分に折り正方
 形を作る。そこに本体の端
 布を重ね(上)巾と底辺を
 切り揃えたら、上部の三角
 の頂点を両側からカット。
 ●ピンではなく指でしっかり
 押さえて裁断するとずれに
 くい。
A中表、縫い代0,3cmで下を
 引っかけて(下)縫い進め、
 頂点はほどほどの尖りかた
 で半目飛ばしにしなくてもよ
 い。反対側を下まで縫い引
 っかけて玉留め。
 
 
B三角部分にきせを掛け折っ
 たら表に返し形を整える。
C下から0,5cmぐらいのところを
 (上)のように2回ほどすくい、
 ひだを取る。
D更に安定させるために、同じ
 糸で同じ高さ全体をきつめに
 巻いて玉留めする。中央にま
 っすぐひだが出るよう整える。
 
2 本体
@下が返し口。中表、縫い代0,5
 cmで下から引っかけて縫い合
 わせる。鼻先は尖らせたいの
 で半目飛ばし。反対側まで縫
 って引っかけて玉留め。
A切り込みを入れたら、きせを
 かけてから表に返す。きれい
 なカーブになるよう形を整える。
 
B鼻先にはきつめに、後はふわ
 っと綿を入れる。●綿は入れる
 前に軽くほどいておく。
 
 
C返し口0,5cmをぐし縫いし縫い
 縮め玉留め。●スタートは必ず
 縫い目のある所から。ゴールも
 同じ。
D糸を引くとき反対の親指で縫い
 縮めたところを押さえるとスムー
 ズ。
E縫い代はハサミなどでしっかり
 内側に押し込む。●上手く行か
 ないときは上からもう一度ひだ
 をすくって絞るとよい。
F玉どめの前に必ず2,3山すくっ
 てからきっちり玉どめ 
 
3 尾
@太いほうの先端を0,5p内
 側に折り、三つ折りにしたら
 底にまつりつける。
A余った部分は広げて内側に
 ボンドを軽くつけ、先端から
 細くこよりを作るように巻いて
 引っ張って細く形作る。 
Bボンドが効いていているか
 確認し、細長い形を片側に
 ボンドを少な目のつけ丸め
 たり伸ばしたりして形を仕上
 げる。
 
 
 
4 仕上げ
@目を手縫い糸2本取りで、ナッ
 ツステッチまたは3回糸をかけ
 た玉留めで刺す。●強く引きす
 ぎると形が崩れたり小さくなる
 ので注意
A反対側の目は続けて刺す。
B耳はつけ位置に0,3pぐらい
 ハサミで切り込みを入れ、耳の
 縫い代を目打ちなどで本体の
 内側に押し込みボンドで固定
 
C髭はカタン糸だのような張りの
 ある糸を2本どりで下の写真の
 ように鼻先に刺す。
 
 
D左右を揃えて床屋さんの要領で
 同じ長さにカット。
E にボンド少し付ける。
 
根元多産なところから繁栄のシ
ンボルとされる。ボンドが効く生地
なら種類は選ばない。明るい色や
可愛らしい柄の方が似合う。
●紐に付けるときは横向きだけで
なく、縦上下に付けてたり向き合わ
せにしても楽しい。
●目の色も赤、ピンク、水色、黄色
など目立つ色で。
 
鹿嶋市の自治会のちくちくクラブでの作品