かえる・蛙

         チャレンジ ていねいな仕事を 
 
       
      
 
 <材料> 背 (緑)×2 左右各1  
          足(緑)×4 左右裏表各1
          腹 (白)×2 左右各1  
          目台 直径2,5cm×2  
            白×2 一回り小さくく 黒目は描く 
5 足を付ける 
@左右別に腹の下側中心から上に向かって縫い付ける。
A足のふくらみが出るように形に合わせて背側を縫い付ける。
 ●足、腹、背がきちんと合わさるように糸を強く引き形を整える。
 ●背の方が張りのある形でするのは難しいので2度縫う。
 ●足が上がってしまうときは後ろ足の上を脇に引き上げるよう
  にしっかり縫い付けると納まりが良くなる。

6 仕上げ 
@前足先に玉結びを隠すように針を入れぐし縫いする。
A反対に来たら糸を強く引き反対側に串刺しのように針を刺し
 形が崩れないように強く引き玉留め。
   
 1 背(緑)
 中表、0,3〜0,5cmで縫い代分を控え背中心を縫い合わせ
 切り込みを入れ表に返す。●縫い代は割らずに肩倒し、きれ
 いに縫い目を爪できっちりあたり整える。
 
 2 腹(白)
 中表、0,3〜0,5cmで
 縫い代分を控え腹中心を
 縫い合わせ切り込みを入
 れ表に返す。●縫い代は
 割らずに肩倒し、縫い目
 を整える。
 
  C目の台は必ず左右同時
 進行で作ると形が揃う。
 ●0,3cmを縫い縮め綿を
 置いたら縫い代をつぶす
 イメージで糸をかけ平らに
 ●面倒なときは縁を切って
 貼り付けてもOK。
3 足
@中表0,3cm〜0,5で直線部
 を返し口にし縫い合わせる。
A切り込みを入れ表に返し形
 を整えたら2個分同量のを入
 れる。
D目の付け位置はよく確
 認し左右のバランスが
 取れるところに強くまつり
 付けながら丸い形を整える。
 ●写真の目は貼り付け、鼻
  と口は刺繍
4 腹と背
@上側の中心と下の中心を
 それぞれ四つどめする。
A@を起点にし左右縫いやす
 い方から別々に縫う。
●前足の合い印を合わせピン
 を打つ。
E白目はCより小ぶりにカット。 黒目はにじまない黒ボール
 ペンか先の細いマジック。●刺繍でももちろんOK
F口は腹の上に黒ボールペンで。
 
  
 
   左下は腹に口縁を付け
  飾り紐を結んでいる。
  
 右下は後ろ足を全部縫い
  付けている。
 ●形が違う2枚を縫い合わせるので、ていねいにピンを打つ。
  A合い印、B起点、AとBの間(形が大きく違うところ)、
  C
 脇の終わり、DとE前足の終わりにていねいにピンを打つ。、
 B0,3〜0,5cmの縫い代でていねいに中心から脇の終わりま
  でを縫い合わせる。 
 
●いつもよりきつめに細かく縫い、切り込みを入れて表に返し
  形を整える。 
     
     
 
 ●小さいので生地はきめの細かいものが作りやすい。
     緑はシーチング、黄土色は正絹。腹はどちらも正絹の裏地。
     色々な模様で楽しみたい。

 ●針目は細かく、糸は引きを強くすると仕上がりがきれい。
 ●形が違うものを縫い合わせるところが難しいが、ていねいに作業を行えば大丈夫。
 ●大きくするときはいつも以上に少しずつ。