五月飾り
         
    オリジナル兜・かぶと
  
 
       
<材料>
 ・鉢  ×3     ・ 錣(シコロ) 表裏各1 含む 吹返(型紙はシコロの延長)  ・錣底  直径4cmの厚紙 直径5cmの表布
  ・眉庇(マユヒサシ) ×2      ・鍬形   厚紙 表地(厚紙+0,5cm) 裏地(厚紙同寸) ×2
  ・八幡座 直径2cm×1       ・ひも      ・化繊綿   ・飾り糸  手縫い糸各色または刺繍糸、リリアン
 
   
         
   <作り方>
1 鉢 菊の芯と同じ
@下から頂点に向かって
 2枚を合わせ、3枚目を
 下に向かい縫い合わせ
 る。A3枚目と1枚目は
 頂点から四どめから下へ。 
   
  A綿をふんわり入れる。
B正面は下から1,5cm
 ぐらいをすくう、後ろ2枚
 は下から0,5cmぐらい
 を正面と自然につなげ
 てすくい縫い縮める。
 
 
  C直径4cmの芯を0,3cm
 をぐし縫いした
 直径6cm
 の表布で包み縫い縮めて
 玉留め。
D糸を切らず底の真ん中に
 まつり付ける。
  F吹返まで来たら表裏が逆になるのに気をつけて反対側
 に針目を出さないように刺す。
 ●参考作品は手縫い糸2本取り。
 ●糸の種類(リリアン、刺繍糸など)色、刺し方、本数など
   は好みで
 ●糸継ぎの時の玉むすびを隠すのが難しいので、玉留めができる
  長さのうちに糸継をする。

  
E鉢底を中央にまつり付ける。
 鉢底 直径4cmの芯に直径6cmの表布を切り、0,5cmを
     ぐし縫いし芯を入れ縫い縮め玉留め

 
    3 鍬形(くわがた)
@芯と同寸の裏紙を用意。
 表布はボンドを付けた芯を置
 きのり代0,5cmをつけてカット。
A切り込みを入れボンドを付け
 内側に折り込む。●はみ出し
 や先端は乾いてからカット 
  F写真のようにまゆひさしを
 切り取り直線部を返し口に
 して縫い合わせ、切り込み
 を入れ表に返す。
  4 しあげ  
@吹返を立て鉢の正面脇の1点
 でしっかり止め付ける。
Aシコロを鉢に縫い付けるのは
 ずれやすいので、丁寧にピンを
 打ち手縫い糸などでしっかりま
 つり付けるとよい。
  Gうっすら綿を入れ返し口
 をまつる。
G鉢の頂点に直径2cmの円
 をぐし縫いし綿を入れたも
 の(八幡座 )を形を整えな
 がらまつり付ける。
 
  B鍬形を正面に貼り付ける。
   
       
  2 錣・しころ
@しころの表麺と吹返の裏面
 が同じ型紙の上、注意。
 ●後ろ中心、吹返の印は
 基本なので必ずチェック
A返し口を残して中表
 0,5cmで細かく丁寧に。
      
  ●吹返の角は半目飛ばしで
 直角に。
B表に返して形を整え、表に
 したい方は裏が吹き出しに
 なるよう指アイロンで。
C鉢を置いてみた写真。はみ
 出したところが吹返。
   
  ●鍬形の作り方は左右対称
 の一対を用意するが基本
 的には同じ。一度に作るの
 は難しいかな。つなぎ目を
 隠す2cm×3cmぐらいの
 楕円をつけるといい。 
  D返し口から均等に薄く綿を
 全体に入れる。
E返し口から針を入れ針目を
 揃えてしころ側に飾りを刺す。
●1本目は、裏まで針を入れ
 2、3本目は上の生地だけを
 刺す。
  ●工夫やアイディアを生かしていろいろな兜を作ってみよう。

●胴の方はそのうち・・・