石榴・ザクロ  
         
<材料>
 本体(外皮) 5種類各1枚
  内皮  外皮5種類にあわせて各5
  実   2cm×15個
 台布  厚紙 表布+0,8cm 各1枚
  飾り紐 化繊綿
  ひも先 3枚       
 
  3 台布
 @0,3cmの縫い代で
  ぐし縫いし、中高にな
  るよう綿を少しおき縫
  い縮める。
 
         
  <作り方>
1 実 15個
 @大きさはお好みで。
  糊のふたの直径が2cm
  底が直径2,5cm
  ミシン糸の糸巻き 
          直径3cm
 
     A縫い代はボンドで固定
  するか写真のように対
  角線に糸を渡し形を整
  える。●この生地はボ
  ンドが効きにくいので、
  糸で固定
         
   A0,3cmの縫い代でぐし
  縫いし、綿を畳んで中
  に入れ縫い縮める。
  縫い代は内側に入れる
  か、糸できっちり縛る。
●ボンドで固定するため
●15個は目安。大きな直径
 は量を見て数を数える。 
    4 仕上げ
 @台布を本体の内皮
 に合わせてまつり付
 ける。●台布が上がり
 やすいので押し込み
 気味で。 
         
  2 本体
 @裏に型紙を写し名称
  と接ぎ合わせる合い印
  合い印を結んだのが内
  皮の形になるので、しっ
  かり記号を書き込み、
  外皮をカット。
 
     A形を整えたら綿を入
  れ、ボンドで実を台布
  に固定。●色と形の
  バランスを見る。●ボ
  ンドが効かない生地だ
  ったので台布にボンド
  を流した。
         
   A中表で内皮の生地を
  置き外皮と合わせ合い
  印から合い印までを細
  かい針目で縫い合わせ
  切り込みを入れる。●
  
内皮の下に0,5cmの
  縫い代をつける。
   B口縁を付け飾り紐を
  通す。
         
   B表に返し形を整えたら
  先端より半分に薄く綿
  を入れるる。
 
 C内皮を付けた外皮
  5枚を合い印で接ぎ合
  わせ、上から下に向か
  って縫う。
    5 ひも先飾り
 @3枚を上から1cmの
  ところまでで縫い合
  わせたら1cmのの位
  置をぐし縫いし縫い
  縮める。
 
         
    ●内皮と外皮の間に針を
 入れ玉結びを隠し隣り合
 った外皮を2回すくい引き
 締める。●外皮の始めは
 きつく返し縫いで形が崩
 れないようにする。
     A綿をふんわり入れ下
  0,5cmをぐし縫いし
  縫い縮め、玉結びした
  飾り紐を入れる。
         
    ・実の大きさのめやす 
 直径2cm×6 
 直径2,5cm×4 
 直径3cm×2

・生地は柔らかいものを
 選んだ方が形が作りやすい。
 裏地(内皮)も同じ。

・台布が大きすぎるときは多少
 斜めになっても大丈夫
 逆に小さいときは、内皮を引き
 寄せるようにまつり合わせる。