鎧・胴
  
  
カブトはこちらから

 
 
   
<材料> 寸法の表示が難しいのでごめんなさい。
 
 土台の前胴、後ろ胴、胴底、胴ふた(同色) 各一枚
  しっかりさせたいので生地はウールを使った
 腰紐 3cm×A4たて(長め) 薄めの生地が返しやすい
 胴   表裏  本体(各1枚)、下垂(各3枚)、肩垂(各2枚)
  模様が面白かったので生地は銘仙
 肩つけ 2組 芯はウール 表地は化繊

 ●左右の肩付けの色や刺繍が違うのは参考ということで
 
         
  <作り方>
1 土台の胴 
@前後の胴を中表0,5cm、
 始めと終わりは返し縫いで
 縫い代分控える。
A裾は扱いにくいので、一目
 落としで仮止め(ピンク糸)
 
  3 胴

@台形の胴を中表0,5cmで下を返し口にして縫い合わせ、
 綿を薄く入れ表に返し形を整える。
 ●飾り糸は縫う前に刺しておく。この生地ではタックなども
  効果的。模様なども考慮して好みの色やデザインを。
A下垂は表裏各3枚を上を返し口にして縫い合わせ3枚作る。
 ●こちらも飾りは縫う前に。 
 B@の表側の返し口を
 0,5cm内側に折り込んで押さえの飾り糸を刺す。
 ●必ず胴に着せてみて縫い込みで長さを調節。少し引き
 ずってもOK。短めは小さく見えるしかっこ悪いかな。
 ●刺し方は好みで。
C表側からAのバランスを見て位置を決め、
  Bにコの字まつり。
 
  B蓋は芯を入れ1cmの縫い代
 をぐし縫いし縫い縮める。
 ウールなので落ち着かない
 ためクリップで押さえる。
C底も1cmの縫い代。芯を入
 れぐし縫いし縫い縮め、前後
 胴にきつめのコの字まつり。
 
 
  D蓋のカーブは底とおなじ。
 縫い縮めて芯を入れ形を作
 り、前胴にきつめのコの字ま
 つり。
E家袋を作らないときは、0,5
 cmの縫い代を内側に一目落
 としで整える。
 
    D裏側は折ってCと同じ
 ようにに始末する。
 
 ●パーツのつなぎ目は2回以上の返し縫いできっちり仕上げる。
F石やペレットなどなど重しになる物を入れ綿で形を整える。
    E肩垂は左右2枚。中表
 0,5cm、返し口を上にし
 て縫い合わせる。
 ●飾り糸は縫う前に。
F周囲は納まりが良いよ
 うに表に返してから刺し
 返し口を綴じる。
 
  G飾り紐を結びボンドで固定。
 ●写真は2本取りのリリアン
  蝶々結び。
 ●封じ結びなどができると
  かっこいい。
    G肩付けは半分に折るの
 で、芯は厚手の布にした。
 0,3cmをぐし縫いし縫い
 縮め表は少し大きめに出
 るように折る。
HGをFに裏からまつり付
 けるが、まつりながら表に
 針目がでないようして同時
 に縫い付けてる。
 
  H腰紐 仕上げに結ぶ
 中表0,5cmで縫い合わせ、
 表に返し同色の短めの房
 を付ける。●厚みはほしい
 ときは適当な毛糸を入れる。
 ●赤にしたが白の方がかっ
 こいいかも
 
    4 仕上げ
@土台に胴を着せ腰紐を
 結ぶ。●といっても結び
 目が気になるので互い違
 いに交差させた。好みで。
 取りあえずの作品
 生地選び、飾り糸の刺し方、腰紐の色の
 基本は白だし・・・
 突っ込みどころ満載ですが可能性は大きい
  レッツトライ! 
    A肩垂を付ける。
Bカブトを載せる。

●後ろはこんな感じ。
 
      ●おまけ あご紐 (化繊の組みひも)
 @手ごろな大きさの蝶々結びを作り、余った長い ほうの先を
  結び目の後ろに2回ほど通し形を整える。
 A@の端を前に出し長さを切り揃える。
 B土台にボンドまたは糸で固定する。

 さらにおまけ
 生徒さんお話だと百円l均一の店で金屏風や畳を売っている
 とのこと。一番大きなチェーンではないそうだ。


 この作り方なら輪飾りにもOK
 中心部に目立つように飾ろう♪