梅・うめ

      伝統的な梅の形

      作りやすく直しています
 
         
 <材料>
 花芯   直径9cmの円×1
  花弁    4,5cm×4,5cm×表裏各5
  底布   直径3cmの円
  刺繍糸又は手縫い糸 おしべ
  化繊綿  適宜 
3 花弁
@9cm×22,5cmの布を横半分に折り4,5cm×4,5cm
 の正方形を作り下図の型紙で花弁を切り取る。
A直方体を半分に折り、輪を上にする。
 
         
  <作り方>

1 花芯型紙の
     作り方
     
         
    B左上のように型紙を作るが、寸法が頭に入っていれば
 直接切り取ってもOK。●慣れればこの方が確実きれい。
 (1)下を左右0,5cm上に向かって4cmまで斜めに直線
 でカット。
 (2)縦に二つに折り、サイズに合わせ角の丸みを切る。
 ●上は輪だがカットするときに合わせて切る。
 
  Cタテは大きめの針目、
 カーブ。細かい縫い目で
 縫い、カーブに切り込み
 を入れる。
D表を見てきせをかけてか
 ら表に返し形を整える。
E半分より上に綿を入れる。
         
@直径9cmの円を描く。 A4つの折り中心を決め、
 さらに8等分、16等分に折り印を付ける。●ていね
 いに B3,5cmの同心円を描き、ダーツの8枚分
 の位置(斜線部)を決める。 C中心から3cmのと
 ころに長いおしべの印()黒丸を付ける。 D中心
 から2cm短いおしべの印(×)を付ける。 ●ダー
 ツ8カ所、長いおしべ8本、短いおしべ8本の印
 
    4 仕上げ
@花芯と花弁の裾に合わ
 せ0,3cmを縫い合わせ、
 直径1cmぐらいまで縫い
 縮める。。
 
         
  2 花芯   
@型紙のタック位置、
 おしべの刺繍糸位置
 をしっかり印 ●表に
 鉛筆orチャコペンで
 確認しながら付ける。 
 
     
         
  Aおしべは印の上に3
 回糸をかけた玉留め。
 ●強く引くと小さく
 なるので注意。8個は
 同じ形。●足が長くな
 ったときは玉の中に針
 を刺し長くなった分を
 入れる。
 
  Aペタッと花弁が広がってしまったときは外側の花弁を
 縫い合わせる。糸が見えないように外花弁同士をすく
 い、内側で花芯と内花弁をまつり付けて形を整える。
 
         
  B短い方を刺す。きれい
 に仕上げるため、中心
 は重らないよう前の糸
 の先にはりを出す。●
 多少の緩みを作る。
 
    B底は直径3cmの円を
 0,3cmでぐし縫いし中に
 薄く綿を入れ縫い縮めま
 つり付ける。
 
         
  C長い方を刺す。刺
 し方は同じ。Bできち
 んと刺せると中心に
 穴が見えてくるので
 そこから。
 
    Cリリアンを好みの長さに
 切り蝶々結びを作り糸で
 底に止める。
Dくくり花を作り花の先端
 を4つをすくいその糸で先
 を玉結びしたリリアンを刺
 して形を整える。
●結び目にボンド
 
         
  D16等分を拾って8カ
 所のダーツを折り、
 ピンで止める。
 ●写真のように折り
 線は中心にむかって
 方向をきちんと作る。
 
   ・今回の生地はモスリンというウールなので、
   綿のように手軽に折ったりしても印がつかくない、
   あるいはほどけやすいなど扱いにくいところがあった。
   色合いが可愛らしいのと張りがあったのがよかった。
 ・花芯と花弁の色を別にするとか、花弁の内外で色を変
  えるとか工夫の余地はかなりある。
 ・一番の注意点は16等分をきちんとつくる。ずらさないよう
  おしべを刺す。ダーツもきちんと取るのは丁寧に作業を
  しないと難しい。見た目よりは気配りがいるようだ。  
          花芯は
   手縫い糸黄色2本取り
  2本がよれるときれいで
  はないので刺すたびに
  揃える。
  おしべの先端は1本取り
  2色 
 Eダーツ部分の裏から針を出し、ダーツの重なりをす
 くって隣を同じようにすくっていく。一周したら3cmの
 輪に縮める。●3cmは小さめのミシンの糸巻きの直
 径をあてて大きさを確かめる。
F綿を入れて表から見ると中高のふんわりした丸み
 を作る。
   おしべは手縫い糸1本取り
  先端を一周まとめて刺し
  てから長さを変えて直線
  を刺す
          やっぱり木綿は扱いやすい。
  おしべの長さは
        中心から1,5cm
  手縫い糸一本取り
  
  花弁は絹の裏地   
 
       梅の花が咲くときには葉はまだ出ていないので付けない。