椿玉  つばきだま  
       
<材料>
 ・クラフトテープ 
   色は黒、茶系、赤系あたりで
  ・椿 いろいろな大きさ、色、種類の椿 
  他には提げ紐、飾りの房など    
  
  2 いろいろ椿  
   
   隠れるので口べりは付けなくてもよい。そのまま。
 
       
     @基本の椿 こちら
     
  花芯をすくって飾り糸で
  留める。
  
 
 A簡単な作り方 こちら

 花弁5枚を綴じてから花芯
  を差し込む。
       
<作り方> 大きさはそれぞれお好みで
1 土台 
 @1mのクラフトテープを3重に巻き、重なりにはボンドをつけ
  きっちり巻く。これを二組作る。●終わりは3cmぐらいの重
  なりにし、クリップをかませ固定する。ボンドはさっと線を引
  くぐらいの量でよい。多いときれいに仕上がらない。
 
   B八重椿    こちら
  花弁はAと同じ。強めに糸
  を引いて花弁が立つように
  する。
  中央に作った花びらを置き
  糸で形を作りながら固定。 
 
 
       
 A縦横90度で組み合わせ、4点でボンドを付け固定。
  ●この組み合わせが安定した土台になる。
 B巾を半分に切り、写真のように土台に絡ませるように巻き
  付け、穴が3角になるように組んでいく。●テープはハサミ
  できれいに切る。 
 Cくぐらせたら次は上にのせるを交互に入れ、ボンドで固定。
  ●無理せず球体をイメージしてテープを絡ませていく。椿を
  試しに置いて穴の大きさを確かめながら作る。 
   C黄色い花芯の椿
            
 
  花芯が先端の黄色と
  土台の白の二階建て。
 
  黄色が華やか 
 
       
 E花芯に絞りを使うと こちら
   D祇園椿  こちら   
       

 F3片の椿 こちら
  
  小さなすき間をうめるのに
 便利。作り方も簡単。