蓮の花・開きかけ
  オリジナル
 
<材料>
 花芯    ×3 
  小花弁  ×裏表各3  白と薄いピンク                 ●花弁の白は木綿、ピンクは化繊の着物の裏地
  中花弁  ×裏表各3  小花弁と同じ   型紙は花芯と同じ     ガクの黄緑は化繊の着物の裏地
  ガク    ×裏表各3  白と黄緑
    型紙は花芯と同じ  
  底     直径4cmの円 ×1  黄緑  芯は不要かな
         
  <作り方>
1 花芯
@中表、0,5cmの縫い代で
 1枚目と2枚目を縫い合わ
 せる。下は引っかけて頂点
 は縫い代分を控えてきつめ
 の返し縫い。
 
    5仕上げ
@花芯の真ん中を少しへ
 こませておく。
A小花弁を写真のように
 置き、返し口で0,3cmの
 縫い代で 縫い付ける。
 
A2と3枚目を頂点で縫い代
 分を控え返し縫い。下は引っ
 かけて玉留め。
B1と3枚目は頂点で四つ
 どめし下まで。縫い引っかけ
 て玉留め。
 
C切り込みを入れ、表に返し
 片倒しし形を整える。
D綿はふんわりと入れはそのまま。
   
  2 小花弁
@中表。縫い代0,5cmで引っ
 かけて反対側まで縫い合わせ
 る。頂点は尖らせたいので半
 目とばし。
A切り込みを入れ、表に返し形
 を整える。 ●綿は入れない。
  B小花弁の間に中か弁を
 置き、同じように縫い付け
 る。
●返し口は始めから絞るより
 少しずつ縮めていった方が
 花びらが開きすぎない。
 
  
Cがくも同じように縫い付け
 玉留めをし糸をきらない。
 花びらとがくがずれるように
 止めるときに気をつける。
  3 中花弁
@小花弁と同じ縫い方。
 ●頂点は丸みを付けより尖ら
 せる。
A綿はほわっと下の方には入
 れない。返し口はそのまま。
 
    Dそのまま針を花芯の頂点
 に出し一針すくって下で
 玉留め。●全体のバランス
 を見て引き方を決める。 
  4 がく
@中花弁と同じ縫い方。
A綿は先端には入れず下の
 方を厚く。

 
    ●開きすぎたときはボンドで
 花弁を立てるように固定し
 形を作る。
E返し口にはガクと同色で
 円を作り周りを縫い縮めて
 まつり付ける。
 
         
●実物は外側に色が入って内側は白。好みに合わせて裏表は決めよう。他にピンが濃い花やうっすら先端にうっすら色が入る
 ものなどもあるが、作者のイマジネーションを大切に。
●飾るときはそのままの向きで下げた方がいいかも。●返し口に黄緑布を巻いた棒を差し込むと花瓶などに飾りやすい。
●花びらを多くしたいときは中花弁で増やすといいかな。