あじさいU
       
        ガクアジサイも
 

<材料> 写真大 12cm×24cm   中 8cm×16cm     小 6cm×12cm
         (絹 手縫い糸 綿入り) (木綿 カタン糸U本取り 綿入り)(木綿 綿なし) 
  

 
台に個別に作った花を縫い付けていくため、自分の作りたい大きさや花数を決める。
   写真は小で10個。
   台は円の周囲をぐし縫いし綿を入れたもの。直径9cmで裏に直径3cmぐらいの穴が残るよ
   うにして葉でふぐのがお手頃な台の作り方。
 ●色や大きさはイメージを大切に。材料は作りやすいものを選ぶようにする。  
    
     
  <作り方>
@ 中表で正方形になるよう折る。
A 強く引くので2本取りで返し口を残し写真のように縫い合わせる。
 ●角は半目飛ばしにして尖るようにする。
 ●スタートは小さく返し縫い、終わりは三回ほどの返し縫い。
    
     B きせをかけ、表に返す。
 C 同じ量の綿を予め用意し、
    四隅にしっかり入れる。
   D 内側から外に向かってコの字まつりで返し口を綴じる。
    
E半分に折って中心までぐし縫いし、縫い縮め玉留めする。●必ず2枚をすくう。 
Fそのまま反対側の端までぐしぬい縫し、縫い縮め玉留めする。これで写真の右端

 ●花びらを一辺ずつ作るのでこの作業工程で。
 
   
G左上の写真が表に返したところ。確認してからEFに直角に交わるよ中心から端までを縫い
 縫い縮め玉留め糸を切る。
H残りの一辺はGの延長上を端から中心に向かって縫い、縫い縮め球留めしたら針を表に出す。   
    
I表に出した針で片蝶々結び。長さをそろえてカット。●短くしすぎないよう注意
J形を整えたら完成♪
 ●写真の花は綿なし。
  ある程度大きなものや薄めの生地は綿を入れたほうが仕上がりがきれい。
 
    
K土台は直径9pの円をぐしぬい直径3pの円を残すように糸を引き綿を入れ玉留め。
L花は写真のように6枚しっかり強く糸を引きながら縫いつけ、中心部は4枚それぞれを縫い付ける
 だけでなく初めの6枚ともバランスを見ながら縫いつけていく。
M土台の底は葉を縫い付けてふさぐ。
 
   
N葉の大きさは出来上がった紫陽花より一回り大きく正方形にカットしたものを2枚用意し、なるべく
 角がないようにカット。
O親指分を返し口に残し中表0,5cmで縫い合わせ表に返し、形を整えたら薄く綿を入れる。
O一目落とししつけの感じで縫い、真ん中の葉脈を刺す。
P花とのバランスを考え裏で穴を隠すように葉と花まつりつける。
 
 
 ●濃いピンクは化繊の風呂敷。生地が薄いので糸引きを
 強くすると、花びらの先が鋭角になる。

●右上は解説の作品。 下の2枚は綿入りなので花びら
 の仕上がりの形がきれい。
   ●花びらの数を減らしてがくあじさい。
  土台の生地の花柄や葉の模様の助けを借りた。
  花びらは不織布。この辺りはまだまだ工夫の可能性あり

 
   ●ガクアジサイの花びらは
 きれいなすき間を作りながら
 全体のバランスを見てゆった
 り。付け方はきっちりと。花ご
 とに強めに引いて玉留め。

●生徒さんの作品
 芯はピンクの絞り、花びらは
 化繊の風呂敷を効果的に。裏
 表に違う色を合わせたところ
  が新鮮! ガクアジサイの方
 が高さがないと言う観察もい
 い。