3片の椿

   
      椿玉に花を植え込んでいくイメージ

        小さなすき間を埋めるのに使う。

        手間をかけずきれいに仕上げる工夫
       
 
         
<材料>
 花弁 5cm×6cm×裏表各2
  花芯 7cm×5cm×1
  飾り糸、化繊綿 適宜
 
      
         
  <作り方>
1 花弁 作り方は同じ
 ●返す前に脇の両直線に
  きせをかけると手早くきれ
  いに返すことが出来る。
 ●カーブには必ず
  切り込みを入れる。
 
   3 仕上げ
 花芯の大きさは5片と同じなので、芯に花弁を付ける
  ときは花弁を重ねなくてもよい。
 ●基本は芯と花弁の下が同じ高さになるようにつけるが
  臨機応変、好みに合わせて高ささを決める。
 
         
  2 花芯手間をかけないで
 @短い方をタテにして輪に
  縫い切らずに玉留め
 Aそのまま底を2枚重ねた
  まま縫い付ける。
  
 
    @下から0,5cmをしっかり
 縫い付け玉留め
Aどちらかというと細く形を
 決めたいので花弁が広が
 らないよう写真のように綴じ
 ていく。●下側は中に入って
 見えいので口べりなし。
 
         
   B糸を引き絞り玉留めし、
  表に返す。
 C綿を入れ玉結びをせず
 飾り糸で0,5cmのところを
 等間隔にすくい縫い絞る。
    B2/3ぐらい綴じたら終わ
 りは2回すくい同じ高さの
 花弁の中心と花芯をすくい
 強く引き、次の花弁に移る。
 
         
   D飾り糸は固結びにすると
 作業が速い。
 E端を切りそろえる。
     CつぎはBの高さから下に
 向かって綴じ、下を通して最
 後の閉じを下から上に行う。
 ●外側同士をすくうようにす
 るときれいにできる。
 
         
        ●芯の色は花弁に合わせて
 選ぼう。小さいので冒険も。
 写真奥の花芯は
        紫色の絞り。