ぶんぶく茶釜

   
化繊の踊りの衣装を活用
     ボリュームを出してみました

  
 
 
         
 <材料>
 用尺 本体:13cm×31cm  フリル:3,5cm×44cm
       耳裏:1,5cm×1,5cm×2枚
   化繊綿:適宜   飾り紐:適宜
    白目:少々    髭:カタン糸白少々
   
         
  1 尾
 2枚を中表0,3cmで縫い合わ
 せ表に返し、少しずつ綿を入
 れ、返し口を閉じる。
 
   5 フリル
 @中表で0,5cm、横長の輪に縫い合わせさらに横長に
  半分に折る。四等分で輪の方に糸かチャコペンで合い
  印を付ける。
  A 縫い代0,3cmで写真のように針を出し、一周したら
  同じような量のギャザーになるよう形を整え糸は切らず
  におく。●茶釜と縫い合わせる時の保険
         
  2 耳
 裏表地を長方形に切り、一組
 ずつ丸みをカットしネズミのよう
 に耳を作る。
     6 茶釜
 @中表、0,5cmで始
  めと終わりは糸をか
  け、縫い合わせる。
 ●狭い方が上、口べり
 拾う方が下でフリル
         
  3 頭
 @頭(葉の形)に顔を はさみ縫
  い合わせる。 出来れば先端
  (鼻)は 四つどめで。中表、
  0,3cm。●頭部の方が顔より
  気持ち長いので余るが、頭部
  を外側にして2枚を縫い合わせ
  ると仕上がりがきれい。 
     B茶釜にも合い印を付け
 茶釜を内側にフリルと合
 わせピンを丁寧に打つ。
 C縫い巾が揃ったら、フ
 リルは玉留めし、端を揃
 えて並縫いでギャザーの
 内側を縫い合わせる。
         
         
         
 A頭部が顔に載るように形を整えしっかり綿を入れ返し口を
  ぐし縫いし縫い縮める。
 
B耳は写真ぐらい見えるように後ろで留め、目鼻はボンド
 Cヒゲはカタン糸2本取りで刺し根元をボンドで固定してか
  ら指ではさんで床屋さんカット  ●口はなし 目の黒目は書く
 ●後ろ側はほとんど見えなくなる。
   D外側からフリル、中が茶釜、内側が足の順で半返しで
  Cより気持ち外側をていねいに縫う。●厚くなるので縫い
  目が上下にぶれないように気をつける。
  E口べりは茶釜の側面の半分のとこから縫い付けていく。
 F突き合わせは2回ぐらい糸を渡しきつめに縫う。
         
   4 足
 @4枚の布を中表、0,3cmで
  縫い合わせ2組の足を作る。
  ●始めと終わりは縫い代分
  を控える。
 A切り込みを入れたら、表に
  返し語りを整える。
     
         
   B前後を合わせて、内側の
  2枚を縫い合わせる。
 
   ●口べりの方が短めなので、長い方の茶釜の縁を
  外側にして重ね反らせてピンでで止め年ごとが速い。
 G綿は足先のうち側にボンドを付けてから入れていくと
  後で足先がへたばらない。
 H茶釜に入れるときは大きく畳んで入れていくと作業が
  しやすいし、バランス良く入る。
 
         
     
        H両側から引けるように飾り紐を通し結ぶ。
  I頭は茶釜の真ん中辺り、尾は後ろできっちり縫い付ける。
   ●尾は立っている感じがいいかな。
  Jリリアンを結んだ持ち手を茶釜の左右にボンドでとめる。
  
 ●基本きつめに縫い始めと終わりは緩みがでないように返し縫いか、糸をかけて始末する。
 ●何カ所か縫い合わせる時サイズが違うので、いせ込みを丁寧に作業をするとn仕上がりがきれいになる。
 ●かならずしも茶色でなくても良いようだ。ほどほど厚みのある生地の方が出来上がりがいい。色もサイズも挑戦