いろいろ椿

 
 
        基本の椿  
    5弁(うち一色は別) 葉 口べり付きくくり花の紐飾り
<材料>
 花弁 裏表各5枚
 花心台(白) 4,5×7,5   1枚
    上部(黄) 3×15〜38 1枚
 葉  4,5×6 2枚
 くくり花 4×4 2枚    数字の単位はcm
    
   
         
  <作り方>
 1 花心上部
@横長に半分に折り、わの反対
 側0,5cmのところをぐし縫いし
 縫い縮める。
   6 仕上げ
@紐の先端に結び目を作り糸を通しそのままくくり花の4つの
 先をすくい絞る。●左右違う色にしてもよい。 
  
         
  A隙間のないように丸め、形を
 固定するため糸を強く引き留
 める。●真ん中高め、きれい
 な形になるまでトライ。 
     
         
   2 花心仕上げ
@4,5cmを縫い合わせ筒を作る
 ●縫い目が外に出るのできせ
 をかける。
A表に返したら上から0,5cmを
 ぐし縫いしてから黄色を挟ん
 でぬいつける。
  A葉 中表で0,3cmの縫い代で縫い合わせる。
 葉先は半目飛ばしで縫い、尖らせる。
B表に返して形を整え、綿を少なめに入れる。
C返し口はそのままにして一目落としでカーブを描きながら
 葉脈を刺す。
D糸を切らず強めに糸を引き、葉のそりを作る。
E返し口は葉を縫い付けるときに閉じる。●しっかり広い面積を縫う。
 
       
  B綿が入っていないので指を入
 れて作業をすると手際が良い。
 ●土台に皺が寄ってもOK
 
   八重椿

 5弁の椿を作り八重の花弁
 を 中央にのせ留める。
  口べりは付けず丸い布を留
 め付ける。
 
         
  C綿を少しずつ入れたら下側
 0,5cmをぐし縫いし縫い代を
 内側に押し込む。
 
     1 八重
@38cm(反物の巾)ぐらいの
 長さ高さは4cmほどを横長
 に半分に折る。
  
         
   3 花弁
@中表で裏表2枚を重ねて型紙
 を写し縫い代0,5cmで縫い合
 わせる。
A切り込みを入れたら、表に返し
 形を整え先端の方に綿に入れ
 たものを5枚作る。 
 
     
         
    Aわと反対側0,5cmを大きめのぐし縫い、途中からわから半分
 ぐらいの位置を普通のぐし縫いでぬう。端を引いて写真のように
 お好みの感じで縫い縮める。●ボリューム感ときれいさが出る
 ようにまとめ方を工夫
B形が決まったら後ろから針を入れ、ていねいに留めて玉留め
 
         
B花心と花弁の下側をそろえ、花弁は1/2ずつ重ね、ていねいに
 半返しで0,4cmに縫い付ける。●内側の花弁が外れやすいので
 気をつける。●上手くいかないときは外れたところを残さないよう2
 度縫いする。状況に合わせて浅く縫うか、半返しにする。
 
    C5枚の花弁を作り返し口で
 花弁を1/2ずつ重ね更に
 親指を中心にのせぎゅっと
 絞るように縫い合わせる。
 
         
  ●花弁が開きすぎるときは、
 口べりを付けてから様子を
 見てボンドをポチ。
 
    DBを中心におきBの外側を
 花弁に縫い付けていく。
 
         
   4 口べり
@花心と同じ大きさを半分に切る。
 縦か横かは花心の下側のサイ
 ズに合わせて決める。A両端を
 0,5cm内側に折り込み、半分
 に折る。
 
    E直径4cmぐらいの円をぐし縫
 いして縫い縮め花弁の裏側
 縫い付ける。
 
         
      ●形が崩れそうなときは薄い紙を
 芯にするか、綿を入れてもよい。
●葉は同じ作り方
●飾り紐付けるときはEの紐を縫
 い付ける。
 
         
B写真のように半返しで長めの針を使って縫い付ける。輪から
 縫い目までの長さをそろえる。●花心よりはみ出た分は後で
 カット。下の縫い目が見えないような位置を縫っていく。●厚い
 ところでは4枚分計9枚を縫い合わせるので、きれいに出来な
 いときは花弁と口べりだけをあとから小さな針目で縫う。
 
   
     
  D両側から紐を引くと閉まるよう
 に紐を通し蝶々結びにして結
 び目をボンドで固定する。