2022年の干支

  とら・虎
 
         
 用尺 本体:11cm×9cm ×1
          11cm×10cm×1 足が長くなり形は良いが
                       返し口が小さいので難しい。
      頭 :直径8cm    ×1
      耳 :3cm×1.5cm表・裏各2
      鼻 :2.5cm×2,5cm×1
      尾 :3cm×4、5cm×2
    4 本体
@長方形の短い方を半分で
 縫い合わせ手足を作る。
●足先は入れた針のところを
 もう一度同じ所をすくっ
 てから縫い進める。
●縫い止まりはそれぞれ3回
 ほど返し縫い。
 
         
  作り方
1 頭
@ぬい代0,5cmでぐし縫いし
 糸を切らず縫い縮める。 
A綿を入れ楕円形に丸く形を
 整え、2,3山すくって玉留め。
●中心の残し方は好みで。
 
    A綿は小さく四つ同じ量を用意
 してから先端にそれぞれしっ
 かり押し込んでから次を入れ
 る。
 ●足に入れた後、背、腹と
 入れにくいところから。
B腹は二回ほど締めてから
 コの字まつりで最後もしっかり
 二回締める。 
         
  2 耳
@写真のように裏表を一緒
 に裁断。
A中表0,3cmで縫い頂点は
 尖らせたいので半目飛ばし。
B表に返したら形を整える。 
 
    C写真ぐらいの位置で頭を
 本体にまつり付ける。
 ●針はなるべく外側に入れ、
 糸はきつめに引きしっかり
 まつり付ける。プラプラして
 いるとかっこ悪い。
         
  C正面から見て位置を決め
 顔の橋より0,5cmぐらの
 ところの両端をしっかり留め
 丁寧に耳の中を縫い留める。
 
    5 尾
@写真のように裁ち、中表
 0,3cmで縫い合わせ、切り
 込みを入れてから表に返す。
A綿を入れるときは、細長い
 もので。今回は耳かき
 ●最後まで少し筒ずつ分け
 て入れる。
 
 
         
  3 鼻
@2,5cmの正方形を写真のよう
 にカットする。
A0,3cmをぐし縫いし、薄く綿を
 入れる。
    B返し口を0,3cmでぐし縫いし
 縫い縮め玉留め。
C糸を切らずに形のきれいな方
 に尾を付ける。
 ●尾を立てると猫。注意!
 ●返し口だけの縫い付けは×
 しっかり尻に沿って留める。
 
         
  B真ん中より下に鼻を縫い付け
 ながら形を整える。
 

C目、口、模様はマジック。 
    6 仕上げ

@縞模様はにじまないA筆記用具
 を使い、全体のバランスを見て
 描いていく。多すぎないように。
 
         
       
      A足先の中央に針を入れ、2本線を引くように前後を縫い合わせ
 強く糸を引きつま先を作る。 
●どっしりした感じになる。●足の長さが気になる方は型紙で調整