水 仙  
         
         
         
  1 型紙写し
 @丈の長い方が外花弁、
  短い方が内花弁。先端部
  は同じ形なので、内外い
  っしょに行う。
  ●輪が先端、丈が違うの
  裾では長さの差が出る。
    4 花心
 @輪に縫ってから半分に
  折る。
  黄水仙の花心:5×8
 
         
    ●縫い合わせの時に
  ズレが出ないように
  合い印を必ず付ける。

 
     A内花弁の裾と花心の
 裾を中表で合わせ、
 0,5cmの縫い代で縫い
 合わせる。
       
  2 縫う
 @中表、0,3cmの縫い代
  で合い印から合い印まで
  を返し縫いをする。先端は
  半目飛ばし。
 
     B表に返し確認したら
  もう一度裏に戻して、
  縫い代より上をぐし縫
  いし縫い縮める。
 
         
   A5枚縫ってから裁断。      C表に返す。
  ●丈が長い方が水仙
  らしい。
         
   B中表、0.3cmの縫い代
 で隣の外花弁の合い印を
 きっちり合わせ、返し縫い
 でスタートし下側を縫い合
 わせる。
  
 
    5 仕上げ
 @口縁を2枚用意し、
  それぞれの両端を0.5
  cm内側に折り、横長に
  折って外花弁の裾に
  縫い付ける。●2枚の
  つなぎ目はきっちり
 
         
   C同じ組み合わせの内花弁
 を縫い合わせる。
 ●合い印をきっちり合わせ
 始めはきつめの返し縫い。
 ●上下重なるところは特に
 注意し丁寧に縫う。
 
     A紐を通して結ぶ。
 ●写真ではつぼみを付け
  ている。
 
         
   D全部縫えたら表に返し、
 先端を尖らせる。
     
       ●きゅっと縮めたほうが水仙お軽さが出るのでぐし縫いし、
  縫い代を内側に入れて始末するというのもあり。
 
   E同じ量の綿を5個用意し
 ほぐして先端に入れる。
 ●厚みはいらないので
 少し。
   ・花心は大きめにしたほうが、水仙の特徴が出る。
  (白水仙の芯と黄水仙の比較で)
 ・裾を縫い込むと花びらが下を向きやすいので注意かな。
 ・細長い葉や茎はつるし紐に付けることでで調整。