五角袋  
         
<材料> 本体A・B 7cm×20cm×各1枚    口べり 3cm×8,5cm×2枚
          底芯 一辺3cmの五角形   底布 底芯の0,5cm縫い代付き
         
  1 本体
 @AとBを横長に縫い合わ
  せAをみながらきせを
  かける。
  A中表で縫い代0,5cmで
  輪に縫い合わせる。
 
    4 仕上げ
 @合わせ目を外して
  裏側から底の外側の
  縫い目より外側を
  縫い代0,5cmで
  底とまつり付ける。
  
  
         
  2 底
 @芯を布の真ん中に置き
  裏に進の形を写す。
   
         
   A芯が収まりやすいように
  線より気持ち外側をぐし
  縫いし、玉留め
   ●角は引いては行けないが、特にたるませない。
  A左上は裏から見たところ
   右上は仕上げて表から見たところ
  ●きつめに糸を引き、外側の縫い代が見えないように
   気をつける。
  ●上手くいかないときは、上からもう一度縫い直す。
         
   B薄く芯と底布の間に
  うっすら綿を入れておく。
  ●芯よりはみ出さない
  ようにする。
 C芯を入れ形を整えたら
 もう一本ぐし縫いし、角を
 倒して五角形の底を作る。
     B口べりは両端を0,5cm
  内側に折り、横長に折る。
 C付けるときは縫い代を揃え
  0,5cmで縫う。
         
   おまけ
 つるし飾りでは一番下に
  くることになる五角袋。
  底が目立つのでちょっと
  お愛想に花を切って貼っ
  てみた。
     ●始めと終わりは返し縫い。
 ●ピッタリの時は2枚の間を
  しっかり返し縫い。
 D紐を通して結び目にボンド
  
         
 
         ●口べりにはしまる色を
  合わせると良い。
 ●底と本体Bの色は同じで
         なくても良い。
 ●お内裏様のお荷物と
  見立てるのもありかな。
  無地の組み合わせ くくり花をボンボンにして明るさを