内裏びな  女雛

     

       男雛・稚児はこちらから
 
    女雛と男雛 <材料>
・頭    半径3cmの円  ・扇  ・黒・赤カタン糸少々
・着物  12cm×21cm
・衿    1(白),2枚目1,5cm×10cm  3枚目1,5cm×12cm
・胴の台紙 9,5cm中心角90度の扇型を中心から5,5cmをカット
・底荷台紙  長径5cm 短径4cmの楕円形

・底布(表布) 底の円周+1cm  ・化繊綿 ・カタン糸60番黒 他 
  1頭
直径6cmの内側0,5を
ぐし縫いし縫い縮め、丸く
折った綿を入れ引き絞り
玉留め。
●さるぼぼの頭と同じ
 
  4 底
@5cm×7cmの楕円形の台紙
より1cm大きめの表布をカット。
0,5cm内側をぐし縫いし、台紙
置き心持ちきつめに縫い縮め
て玉留め。
 
  A皺の目立たないところに
目、口を刺す。●目は細長
く離して、口は小さく目の高
さより心持ち下の位置。●
布端は目の反対側ぐらい。
(下の写真参照)
 
  A同じ巾の縫い代になるように
余分な裾を切り取る。
●難しいところ。綿をしっかり
入れながら、多いところは綿を
外しバランスをみる。
  2 胴
@ボール紙で半径9,5cmの
扇型を90度で作り、中心か
ら5,5cmをカットし、両端を
セロテープで固定。●カット
した部分は扇、勺に使う。
A貼り合わせと反対側を前
にし、0,5cmぐらい潰す。
 
  B0,5ぐらいをぐし縫いし、縫
い縮める。●綿が台紙の裾よ
り下に出ないようにする。
●難しいが、綿のボリュームが
平らになるようハサミなどを使
いながら形を整える。
    C胴の布に皺が出ないような
位置に底と針で布を押し込み
きつめにコの字まつりで止め
る。●上手くいかないときは、
上から皺が出ないようにもう
一度コの字まつりを。
 
 BAと上部内側にボンドをつけ、頭を差し込み固定したら
 円錐を作るイメージで首の周りに薄く綿を置く。
 
 
      5 髪
@黒のカタン糸60番を
4本指に90回巻き付ける。
A10cmほど同じ糸を切
って指から外した輪の上
に通しきっちり結ぶ。
B反対側の輪をカット
 
 3 着つけ
@1枚目の衿は白。横長半分に折り、下地の綿を出さない
ように後ろ中心にボンドをつけ、前で重ね、下前、上前に
ボンド。●衿はきつめ
A2枚目、3枚目も同様に着せるが、途中で(右上写真)全体
に円錐になるよう綿を台をまとわせる。
 
  C後ろ髪も同じようにして
60回を二組つくる。
D指から外しきれいに毛並
みを揃え、太めのストロー
のせ、1、5cmぐらいの巾で
抜けがないようにボンド
をつけ乾かす。
 
  B底辺3cm高さ5cmぐらい
の三角形は上部は衿の下、
下は台の内側にボンドをつ
け胴に固定 ●前の綿は少
なめ、もう一度綿のバランス
を確認。不要なものは除く。
  Eボンドがしっかり乾いて
から髪を外し、上の真ん中
でカット。写真のように作る。
Fお試しで5-@を置いてみ
てから後ろ髪4本を隙間が
できないようにのせてみる。
  C着物は横長。0,5cm内側
に折り、後ろ中心を固定し
衿と同じように着付けるが
固定は後で。
   
    Fボンド付けは後ろ髪から丁寧に地が見えないように置いて
 から5−@をのせる。
●どの工程でも髪の毛並みを揃えることがきれいな仕上げに
つながる。
  
Gわき髪を少し取って手縫い糸(赤)で結ぶと、下げ髪が完成
H扇を持たせる。
 D後ろ中心1cmほど下を0,5cmほどのひだを取り、袖と見
立てる。前で左右に開くイメージで端を整えながら内側に折り込む。
●前を合わせると胴になじまないので、裾をが平らになるように
その部分を折り込むというイメージ。
    
   裁断図 反物の巾(38cm)を使ったとき 
         丈は同の高さ+3cm
 上 袖分がないので21cmで切り取り着物に
     残りで底を

 左 反物の巾(38cm)の1/2を着物に 
     残りを4cm分ひいて、袖2枚分を取る。
     
     ●稚児の時は4cmを首上に使う
 応用 重ね袖、髪飾りをちょっと工夫、後ろ髪が長いぞ♪
  着物の重ねがないので本体は作りやすい。