内裏雛U 
  
   男雛/稚児  
基本的には女雛と同じ
 
 
         
 <材料>  髪 ミシン糸60番黒  着物 見頃:13×21 首上:5×4 袖:10×5×2 半襟:1×12×各1 頭 直径5,5  
           胴 ボール紙11×11 高さ6の円錐をカット  底 4×6の楕円形のボール紙 表布1の縫い代を付ける
           化繊綿   
       
   
 @後ろ髪 
  指2本 60回 2組
  ストローに平らに揃えて
  1cm巾でボンド
 ●隙間がないように
  ていねい寄せる。  
     B薄く綿をAの回りにまく。
 ボンドは後ろ、横、前と4点
 付けると落ち着く。●髪は
 乱れないように綿の下に入
 れる。
   
         
   A乾いたら下を揃えて外し
  カット
 Bさらにボンドの
  部分を半分にカットして
  4組作る。●ボンドが固ま
  って見えない方を表
  反っているときは直す。
  
   C半襟の一枚目は白
  綿の上から4点ほどボンド
  をのせ緩まないようにきっ
  ちり着付ける。
       
   Bわき髪
  指3本 60回 1組
  女雛と同じ作り方
 ●乾くまでに時間がかかる
 ので、まず髪を作る。
 
     D2枚目の半襟も同じように
  着付ける。
 E上から2回目の綿を体全
  体にまとわせボンドを点で
  おき、固定する。●女雛と
  違い後ろが隠れないので
  ていねいに
         
  2 頭
 @0,5をぐし縫いし綿を丸く
 畳み縫い縮める。●後ろは
 直径0,5ぐらい残す。
 A目口はカタン糸2本取り。
 ●中央より下、目は離して
 線で。口はおちょぼ口。
  
     F上、左右を0,5内側に
  折り、女雛の要領で着付
  ける。
 
         
   B左の写真のように頭に
  生え際の半円を書く。
 
 
     G2枚目の半襟にかかる
  くらいの位置に水平に
  ボンドで固定 
         
   C前中心にボンドを置き、
  ていねいに揃えたわき髪を
  隙間がないように固定
 
     H後ろ中心した1cmぐらい
  のところから2段目を折り
  首上の端を2段目で隠す
  ように自然な流れで着付
  ける。
         
   D生え際を隠すように、
  わき髪を中心に置き、全体
  がきれいに揃ったら少なめ
  のボンドで固定
 ●落ち着いたら髪を揃えて
  なじませ、後ろに薄くボンド
  を付け、落ち着かせる。 
 
     I余分な布を切り、裾まわ
  りを揃える。
 J0,Dをぐし縫いで
  縫い縮め玉留め
 
         
  3 胴
 @台紙を丸めてセロテープ
  で固定
 A貼り合わせの反対側が前
  頭をのせるために0,3ほど
  潰す。
  
     K底はボール紙で芯を作り
  縫い代を1cm取った布を
  縫い縮め、ボール紙を入
  れてきつめに糸を引いて
  玉留め
 ●糸の引きが弱いと本体
 にまつり付けたとき浮きや
 すい。 
 
         
   BAにボンドをのせ頭の顎
  を置いてしっかり固定
 ●目はまっすぐ正面を向か
 せる。
 ●髪は揃えるが、着物の中
  に入ってしまうので長さは
  そのままでよい。
 
     L袖は輪を上にしてできれば
  2段目にのせように袖山、返
  し口辺りをまつり付ける。
  ●始めと終わりは袖の内側
  ●ボンドがついているところ
   は針が入りにくいので注意
 
         
  4 着物
 @首上、巾0,3を折り、外側
  だけボンドで固定
 
    5 仕上げ
 @冠 纓(えい)は片面に薄
  くボンドを付けしっかり押し
  つけて乾いたら形にカット
 A巾子(こじ)は横長に折り、
  両端を内側に折りくるくる巻
  いて形を作り、瓶度で固定
 
           
   A輪を上にし左右2枚を
  返し口を付けて縫い、少
  なめに裾の方に綿を入れ
  る。
 ●角は一目飛ばしで縫う。
     B縫い目に纓をボンドで固定
 C笏をボール紙でつくり、
  右手に持たせる。
 ●布を貼ってもよい。
 ●かたまらないうちに指で
  カーブを作る。

    <前>
         
<簡単にするには>
 ●2段目を作らず、首上を
 着物の上にのせ裾まで見
 えるように貼り付ける。
 このときは袖は必ず付ける。
 隠したいところも多いので。
 
   
 
         <後>
  
 ●衿は崩れやすいので
  強めに引きながら着付ける
  が、指の入らないところは
  ハサミなどを使うと便利
      
        
 
  ●下げ髪に冠をつけるとおじゃま丸風
   袖の綿を多めにして開く感じを演出するのもお忘れなく
 ●下げ髪の稚児は男雛と同じ作り方 
    地味な衣装も袖の重ねで豪華 ●橘はくくり花9個の雪洞