だるまの
      お手玉

   
お手玉として使うときは、ペレットなどを入れて
      重さを作る。
 
<材料> 頭:直径6cm×1  着物:7cm×19cm ×1 
         
  <作り方>
1頭
 @縫い代0,5cmで
  ぐし縫いし、縫い縮める。
 ●裏から針を出し、最後は
  表に向かって針を出す。
 
      3 仕上げ
 @頭の半分にボンドを付け
  着物の上部を0,5cm折っ
  て頭にかぶせるように固定
  する。●目の周りいっぱい
  にかぶせると可愛い。
         
   A綿は軽くほぐした後で
  丸く畳んで親指を使って
  押さえ縫い縮め、緩まな
  いように2,3山すくって
  玉留め
 
 
     A顎のところに小さく一針
  入れて糸でしっかり
  止める。
 B綿をふわっとした感じに
  入れる。●たくさん入れて
  も重い感じになってよろし
  くない。
         
   B頂点から1/3のぐら
  いまでカタン糸1本取り
  で5〜7本髪を裏から刺す。
  C半分より下、目の外端が
  髪の毛の端に当たるぐら
  いに点に近いたれ目を刺
  す。
 D口は赤糸がボルペン。
 
     B着物の残りの上部を
  6等分して写真のように
  すくいヒダが出来るよう
  に引き絞る。
         
  2 着物
 @中表で半分に折り、
  縫い代0,5cmで始めと
  終わりはんうの端に糸を
  かけてから縫い合わせる。

 
     C6つのヒダをとり、形を
  整え玉結びする。
  ●糸を多めに残し
  片蝶々結びで襟元を
  賑やかにしても良い。
         
 A下を縫い代0,5cmで
  ぐし縫いし縫い縮める。
  数回写真のように針を
  入れ絞った縫い目を補強
 
     
       横から見るとこんなバランス      後ろ姿はだるま
 
  頭の直径が4cmと小さめ
・着物は同寸
・ヒダをとる時の糸を長めに
 残し、結んでいる。
 糸が細いので写真では
 分からない・・・
     頭に着物を固定しただけの作りなので
   作りやすい。
   いろいろなサイズで、材料で作ってみよう。
 
       
         
  頭部の1/3に髪を刺した。
  隣は1/2まで髪。こっちのほうが可愛いかな。
  糸は60番一本取り、濃い顔が好きな方は2本、あるいは
  手縫い糸1本で。この辺りは好み。
  
    生地をいただいた方に気持ちのお返しとして作っている。
  60年ほど前の七五三の晴れ着の一部をいただいた。
  柄が大きいので7cm×19cmの小さな世界は全く別物の様相。
  作り手としては、そこも醍醐味。