翁媼・おきなおうな
 
相棒の翁・おきなは
  ほぼ同じ下の方で解説。
 
 
           
  1背中(裏)

@実物を置いてまわり2cm
 の縫い代でカット 
    A長さ貝の巾3/4ぐらい、巾3cmぐらいの布の上下を
折り込んでボンドで固定。
B帯締めはリリアンで帯の長さの2倍を用意、片方が輪に
なるよう 二つに折って真ん中に結び目が来るように結ぶ。
           
  A0,5cm内側を一周ぐし縫い。

B縫い縮めるが、厚みのある
上部は2,3本余計に縫い、縫
い縮め表から見て皺のないよう
形を整えるる
    C羽織 貝の高さの倍の長さ、巾は貝の横幅1/2
内側に0,5cm折り込み貝の形に添わせるように着付け、
あまりは貝の内側にしわの出ないよう折り込む。
ボンドで衿あたりを固定。 
           
  2顔
・貝と同じぐらいの大きさのオフ
ホワイトの生地を用意 
・目口はボ-ルペンで最後に描く。
    5手先 4cm×2cmを正方形に折り、写真のように輪の
反対側をゆっくりしたカーブで縫い、先をほどほどにとがら
せ、表に返し綿を入れ形を整える。

  
           
  @貝にボンドをうっすら塗り、
バイヤスになるように置き、後ろ
側で引っ張って皺ができないよう
にする。 
A後ろの内側も同じ。
 
    6袖 長さは貝の高さ 巾は その1/2を2枚用意

@縦半分、中表で正方形に折る。輪を袖山とする。
A袖付けは1/2に0,5cmの切り込みを入れ、
下を内側に折る。
           
  3半襟
・巾2cm長さ貝の高さの2倍を
 1枚か2枚用意

・髪は2cm×3cmぐらい
@内側に0,5折り込み頭頂部に
ボンド付け。
 
    C袖口にできあがりに手先を内側にして手を仮止めし、
袖の丸みをつけて縫い合わせる。
D表に返し、袖に綿を入れ、袖下をコの字まつり
           
  A半襟の重ね目は貝の高さの
1/3にくるように合わせる。
B後ろ中央で固定してから肩、
中央の順に引っ張りながらボンド
 
    E羽織の内側に袖を仮止めきつめに糸を引いておく。
           
  C0,5内側に折り、1枚目に沿うよう
に2枚目を貼る。折り巾が変わって
もOK。

 
 写真は後ろの貝はお試しに
 合わせてみたもの。
    7仕上げ
 2枚の貝をきっちりに合わせてから、丁寧になるべくしわ
の出ないよう針先で布を入れながら細かくとよく糸を引きな
がら縫い合わせる。
            ●同じ貝でないときれいに合わないので注意 
  4着物
・縦:貝の1,5倍
 横:貝の巾の2倍

@0,5内側に折り半襟に沿わせる
よう後ろ中心からボンドで固定

余った布は皺をつくらないよう
内側に折り込む。
 
     翁(おきな)

羽織ではなくちゃんちゃんこ(羽織の袖なし)を着せ、袖は着物と
同じ。帯は細め、頭のお団子はなし。

 

  元になった本を参考にしてつくったという生徒さんの作品。
   大きな貝なので羽織の衿が付けてある。 
   髪は黒地に綿をのせて。
   ●貝なので立たない。写真を撮るときは見えないように支えを。  
  
  展示するときは、小さな箱やかごに入れ、座布団を作ると
  見栄えがいい。