織姫・彦星
  
★七夕飾り


    
 
         
  1 頭
 @直径6cmの円を縫い代0,5
  cmでぐし縫いし、縫い縮める。
 
   4 彦星の髪飾り
 @2cmの円を0,5cmの縫い代で
   ぐし縫いし堅く丸めた綿を
   入れる。
 
       
    A縦長堅めに折った綿を入れ
   る。
     A縫い縮めたら、頭頂部に
   盆で固定。
 
         
   B楕円形に形を整えながら、
   2,3針すくってから 玉留め。

  ・縫い代はなるべく内側へ
 
    5 織姫の髪
 
 @親指に糸を20回ほど巻き
   頭部の髪と同じように作る。
 
         
  2 髪
 @60番のカタン糸を指3本を
   芯にして70回巻く。
 
  A真ん中に糸を通して結ぶ。
   
      A真ん中に飾り糸を巻く。
   両端は切らずにそのまま
   頭頂部にボンドで固定
 
         
   B両端の輪を切り、180度に
   同じ量になるよう丁寧に
   指やピンを使って広げる。
 
 ・不揃いな長さは着物の下に
  入るのでそのままで 
    6顔の仕上げ
  Bカタン糸2本取りで針は
   下から入れ刺す。
  ・手縫い糸なら1本

  カタン糸なら2本
  もちろん刺繍糸でも
  
         
  3 顔
 @正面以外の場所にボンドを
   厚くならないように置き、
   2-Bを貼り付ける。
  ・隙間ができないように全体
   バランス良く髪を張る。
  ・調整はピンや楊枝で。
    7 着付け
 @後ろ中央をピンで押さえ
  下前から着付けていく。
  A前中心が決まったらピン
  上前を折ってから全体の
  形を決める。
 ・10cm×15cm
 
         
 A着物を着付けるので後ろは
   写真の感じ。
     B半襟の上にボンドをつけ
  着物の上部を固定

 C3回ぐらいに分けて綿を
  着物の下に入れていく。
  ・顔の下はしっかり、あとは
  スレンダーを目指して少なめ 
         
   B半衿を載せたところ
   髪の端は半衿の中に入れる。
  ・顔の形が決まるので、全体の
   バランスを丁寧に
  ・2cm×12cm  
  
    D形を整えたら上前に
   ボンドをつけ固定
         
 

      E裾は生地が薄ければ
     ぐし縫いで縫い縮める。
  厚地のときはぐし縫いしてから
  平らになるようこの字まつり。
         
    帯
  
   ←三つ折りでボンドで固定
   既製品
   つるし紐などお好みで
    F好みの紐を帯として結ぶ

  ・結び目で裏が出ないように
                調整