向い鯛

  おなじものを対で作るのが難しい。
  左右を並べて確認しながら作る。  
 
         
 
1背びれを縫う
 @左右裏表各一枚で2組作る。
 A中表、0,3cmのぬい代で
  始めと終わりは縫い代分を
  控え、返し縫いをきっちり。
 ★ヒダが出にくいので凹部は
  深めに縫う。   
    5縫い合わせる
 @胴は左右裏表各1の4枚。
  どの組み合わせにするか
  よく考えて表裏左右を決める。
 ★後で変更ができない。
  裏は無地でもOK
 
 Bカーブには垂直に切り込みを入れ、表に返して形を整える。      
  2胸びれを縫う
 @2組、中表、0,3cm
 A鋭角な角は一目or半目飛ば
  して縫う。
 Bきせを掛け表に返し形を整える。
 ★糸がつらないように糸こきを。
     A頭と胴の間に胸びれをはさみ
  中表、0,3cmで縫い合わせる。
  ★胴と頭の形が反対にそるが
   両端を押さえ、次に真ん中。
   布が厚くなるところは半返し。
         
  3腹びれを縫う
 1とおなじ
   B写真のような感じで位置を
  決めるが、これも左右を並べて
  同じ形になるよう調整しピンを
  止める。
  
         
  4尾びれを縫う下が完成形
 @1と同じように縫い、切り込み
  を入れ表に返し形を整えてから
  先の方に左右に分けて
  化繊綿を入れる。
     C頭の下〜口先〜背〜尾〜
  腹びれ〜1cm先までを
  ていねいに縫い合わせる。

 ★半返しで縫ったほうが安心
   きれい。
  D綿をパンパンにならない
   ように入れる。
         
   
 
 E二つを合わせ腹の上下で
  それぞれ四つどめをして
  腹の左右を合わせ縫う。

  

6仕上げ
 @口は0,8cm×2,5cmを
  三つ折り、さらに半分に折り、
  折り山が表に見えるように
  ボンド。裏は切りっぱなし。
  口先の上に付ける。

 A目の白は白地の円でボンド。
  黒目はマジックで後で書く。
  ★最後まで左右のバランスを
   大切に。  
 F模様はマジックで書いたが、糸をボンドで貼ったり、刺繍しても良い。
   マジックは失敗できないので、本数と勢いを付けて線を引く練習をしてからやってみよう。金のマーカーでもOK。
   参考作品は水色と茶。胸びれは3本、尾びれは5本がいいかな。胴との隙間ができないように太くして2度塗り。 

 G飾りひもは最後に。写真は絹の組みひも。★口べりは省略しています。