柿
 
         
  型紙
 本体:9cm×5,5cmの長方形
    の下から3,5cmに丸み
      をつける。 4枚
  ヘタ
 5,5cm×11cm 1枚
     B3枚目の縫い終わりは下。
 C4枚目を縫うとき、四つどめ
  する。
 D
四つどめ
 表に返し4枚をおなじ高さ幅で
  きれいに揃え、針を表に出す。
 
         
  1 ヘタ
 @半分に折り正方形を作り
  返し口を残し中表、0,3cm
  で3方を縫い合わせる。
     E糸を4枚にかけ強く引く。
 F裏側に針を入れ、4枚目の
  始めを返し縫いし、上(ヘタ側)
  に向かって縫う。
         
   Aきせを掛け、表に返し、
  返し口から2本取りの針を
  出し、直径
3cmの円をぐし
  縫いし縫い縮める。
     G縫い代に切り込みを入れ
  表に返す。
  ●四つどめがきれいにできている
   ので下の部分が崩れにくくなっ
   ている。
         
   Bハサミを後ろから入れて、
  円の形や全体を整える。
     3仕上げ
 @綿は四隅に分けて入れ、親指で
  形を整えながら綿を入れる。
 A@が収まったら、上をぐし縫いし
  縫い縮め玉留め。緩まないように
  しっかり止める。
         
  2 本体
 @中表、0,3cmで2枚を
  上(ヘタ側)から縫い、下まで
  縫ったら縫い代分を控えて
  返し縫いをきつめにする。
 A3枚目を中表で合わせ、下
  から上に向かって縫い合わ
  せる。スタートも返し縫い。
  
     B形を整えたヘタをAに縫い付ける。
         
     色々な生地で楽しんでみよう。
 
 オレンジはみかん色に近いので注意。
 ヘタはきれいな緑より、少しくすんだ色の方が
   柿の落ち着きが出るかも。

 ●実の形を作るとき下のラインは丸くなるよう
  布を伸ばすぐらいのイメージで強く親指で押す。 
   ヘタの工夫

 上 作り方とおなじ
 
 下 上の円の周り5mm
    ほど外側をぐし縫いし
    縫いちぢめたもの。
    
    葉の部分が大きすぎた
    のが修正され、
    柄にボリュームが出た。


 おためしを