ぶんぶく茶釜  
         
  1尾
 中表、0,3cmの縫い代で
 縫い合わせ表に返し、
 綿を入れる。
 返し口は縫い縮め、
 円のように形を整える。
   Bフリルの内側に足を
   縫い付ける。
  ★量の多い方が前
         
  2耳 ネズミやウサギと同じ
 @中表、0,3で縫い合わせ
   表に返す。
 A左のように内耳の端を
  縫い合わせる。
 B外耳を潰す感じで全体に糸
  をかけ2周ほどして玉留め。
    7口べりを付ける
 @両端を0,5内側に折り
  茶釜の上に縫い代0,5で
  縫い付ける。
 ★付け位置は飾り紐がきれい
 にみえるよう写真のように
 
         
  3足 
 @中表、0,3で縫い合わせ
  表に返す。
 ★力が入るので、始めと終わり
  は半目のきつい返し縫い。
    8綿を入れる
 @足4本分はそれぞれ堅めの
  綿の円柱を折り、上から押し
  込むように先まで入れる。
  A@が浮き上がらないように
  大きく畳んだ綿を載せる。 
         
   A表に返した二枚を内側で
  縫い合わせる。
 ★外側は茶釜に縫い付ける。
    9頭を作る
 @頭部と顔の上を縫い合わせ
  鼻の先は四つ止めしておく。
 A綿を入れ返し口をぐし縫いし
  縫い縮める。
         
4茶釜
 @両脇を縫い輪にする。
  ★縫始め、終わりとも縫い代分
  を外し返し縫い。

 A上(短い方)を4等分し
   印を付ける
    10仕上げ
 
 @飾り紐を口べりに通し蝶々結ぶ
 A持ち手を結び茶釜の側面に
  ボンド付け
 B尾を後ろの縫い目の半分、頭を
  前に縫い目の半分にしっかり
  まつり付ける。
         
  5フリル(茶釜の飾り)
 @横長の輪を作る。
  A@を横長に半分に折り、
   4等分し、わかりやすくチャコ
   や鉛筆で印を付ける。
  B表一に対して裏半の目安で
   0,3をぐし縫いし、ヒダを均等
   にとり、針は付けたまま。  
     C耳の下の方を折り込んで顔に
  縫い付ける。
  D表情がでるよう位置を決め、
  目をボンドでつける。
  E直径1.0の円周を縫い縮め、
  小さく丸めた綿を入れ絞り、丸く
  なるように鼻先に縫い付ける。
  Fひげをカタン糸2本取りで鼻先
  に刺し根元にボンド。乾いたら
  糸先をカット。 
         
  6縫い合わせる
 @フリルを内側にして茶釜と4等分
  の印に合わせてピンで止める。
  ★ヒダは同じよう抜きで倒すと
   仕上がりがきれい。
  A0,5を仮止めしたあと、0,7を
  半返しで丁寧にぬう。
 
   
     
      耳を真ん中に寄せて付けた方がタヌキらしい表情になるかも 
● ヒダはうまくいかなかったのですが、全体のバランスが良いので
● 茶釜の色を変えるのもいい。 花柄も面白いで挑戦してみよう。