た・け・の・こ    
        前は完成品、後ろは工程4
  作り方
1 本体Aを作る
 @3cm×3cmの布を半分に折り
  ボンドで貼り合わせほさ縦長に六
  等分し、先端を穂先のようにカット
 A本体Aに@写真のように差し込み
  中表で縫い合わせる。
   材料 穂先×6
     本体A×1、 本体B×1、本体C
     皮A×1、皮B×2、皮C×1
     口べり×2
     化繊綿、飾り紐      作り方だけ
         
 ●穂先は根本で重ね先を広げると
   勢いが出る。
 B表に返し、綿をしっかり入れる。
    5 皮B、Cを4にまとわせ、3の要領
  で5と4をなるべく裾に近いところ
  でぐし縫いする。
 ●穂先の位置は上と合わせ、
  皮の重なりが正面から見て
  同じ分量できれいに見えるよ
  うにする。
 
         
  2 皮を作る
 @最初に重ねる皮Aの先端に穂先を
  はさみ中表で縫い合わせ表に返す。
  きせをしっかりかけて形を整える。
 A皮B×2、皮Cも同じ要領で縫う。
 

 
    6 両端を内側に折った本体Cを5に輪
  が上になるよう縫い付ける。

 ●外側に広がりやすいので
  気持ち引き気味に作業する。

 ●量布端はコの字できつめに綴じる
 
         
  3 本体Aの縫い目に皮の穂先がくる
  ように皮A、bをまとわせ裾で合わ
  せ0,3cmのところをぐし縫いする。

  
 ●見た目を優先して長さが揃わない
  時は本体皮が必ず縫い合わされる
  ところをぐし縫いする。
    6 本体Cに口べりを縫い付ける。
 ●厚くなるが、表から見えるところ
  なので半返しで針目を小さくしきれい
  に仕上がるように縫い付ける。
         
  4 3に口縁のように折った本体Bを裾から
  0,5cmで縫い付ける。
  出来上がっては見えないが布が厚くな
  るので、注意深く半返しでしっかり縫う。
    7 飾り紐を通す。
  
 ●紐先に飾りを付けるのも良い
         
   
 ・本体Aに勢いのある表情を
  出してみた。
 
 ・皮BCの表生地3枚を同じにし
  裏生地を明るくすることで皮に
  変化を付けてみた。