鯉・の・ぼ・り 




           上は基本(下)の型紙を0,5cm
           一回り大きく作図したもの。
   
           
 材料 本体16×12cm
    頭  11×9cm

   目玉 適宜
  化繊綿、飾り糸
      FE表に返しカーブが
 きれにでるよう適度に
 生地を伸ばしながら
 指アイロンで形を整える。
           
     作り方
1 用布を中表に折り、裁断
  したところ
上から背ビレ
 胴、胸びれ2組
 頭はそのまま使う。
    G胸ビレを付け位置に
 仮止め。玉結びをせず
 一針さして同じ所を返し
 縫い。玉留めをしなくて
 も糸は外れない。
   赤い糸の所
           
    2 胸ビレを作る 2組
 生地が木綿の平織りなので
 縫い代は0,3cm、中表で縫
 い始めと終わりは糸を掛けて
 ほどけにくくする。
 まち針を使って表に返す。
 
  H半分に折った頭と本体
 を中表で合わせ折り

 縫い合わせる。布が重な
 るところは丁寧に半返しで
Iきせをかけ、頭(白)が上
 に来るようにしっかり
 指アイ ロンで押さえる。  
           
    3 背ビレを作る
 短い方の
両端を内側に0,5cm
 ほど折り込み、横長に折る。
 玉結びを隠すため折り山の内側
 から針を出し、0,3cmのところを
 0,7cmぐらいの針目でぐし縫い。
 
 
  J裏に返し、縫い残した
 ところを綴じ合わせる。
 
           
     1/2まで縫い縮めたら玉留め。
 ひだが動く時は、形が良いところで
 山を22,3個すくってから玉留め。
 ひだが落ち着かない時は、指アイ
 ロンで形を整える。
    K表に返し、尾のヒレ先には
 綿を入れない。
 胴の部分は元気よく空を泳
 げるようにしっかり綿を詰め
 る。
 
           
    4 本体を作る
@中表にした胴に付け位置に背ビレを
 挟み込み、好みの出し方でまち針を
 打つ。縫い代は0,5cm。
 ●背ビレは中表で裏から見ているの
 で縫う時は見えない。
  5 仕上げ
@飾り糸(手縫い糸2本取り)
 を0,5cmぐらいの縫い代
 で同じ長さの針目で縫う。
  
           
     A0,5cmの針目の半返し縫いで
  しっかり縫い付ける。
  特に背ビレの始めと終わりは、返
  し縫いを使って本体に綴じつける。

B尾ヒレの先端は、尖らせたいので
  写真のように一目(半目)とばして
  縫う。
    A糸を引き縫い代を内側に
 押し込む。布が入らない時
 は、ハサミなどを使う。
 
Bチョウチョ結びをもう一度
 結んでにぎやかにし、糸を
 切りそろえる。 

           
     ●糸のつれがあると綺麗に仕上が
   らないので、糸こきを要所でかな
   らずする癖を付けよう。
   玉留めをしてからでは遅い!
 ●針目に垂直なるよう切り込みを
 入れる。
 縫い代が浅いと切り込みの効果
 がでにくい。
    C丸く切った目をボンドで
 貼り付け
たら完成♪
           
    C内側のカーブは、深めに縫う
ぐらいで製図通り。


D腹側の口に近い方3cmぐらい
で縫いどめ、終わりは返し縫い
     上は青海波(せいがいは)
  という伝統的な模様
 下の大きさは一回り小さく
 した。
  生地は浴衣地 
           
          

 生地はいろいろ
   組み合わせも 

 目玉は大きめ3色は
       重ねたい