2018年の干支
  
イノシシ
     
                 
    1 足を作る

@中表で返し口を残して左右
 から縫い合わせる。

 縫い代0,5mmは残し
 始めと終わりは返し縫い。

 
       チョットわかりにくいのですが

A足と胴の上部の付け合わせを
  後で緩まないように
  足と胴の足の付け根を
          四つどめ
 
   
                 
    A返し口を裏側に返して、一目落
  としで押さえる。
 
             
             A−3  できあがり ↑    
    2 耳を作る

@内耳と外耳を中表で縫い合わせ
 表に返し、付け根の上をとじる。 
  A−2 四つどめ
 表を見ながら4枚を縫い代の
  気持ち内側ですくい、
  きっちり絞る。

 (内側が足、
   外側が胴の足の付け根)
  Bそのまま背を縫い、
 A-2と同じように四つどめ 
 
   
                 
    A耳の正面から別に針をいれ、
 全体をしっかり絞る。
 
      4 仕上げ

@返し口から足先と鼻先にしっかり
 化繊綿を入れ、全体にきっちり綿を
 入れる。
 
   
                 
    B前足の延長に切り込みを入れ、
 耳の先端を裏から表に出し、裏
 からぬいてける。
 ●
後付けの方がバランスが
   取れて良い
 
      A返し口 をまつり付ける。    
                 
    3 胴を作る

@左右の足と胴の左右の足を
 縫い合わせる。

 
      B 尾
 リリアンを輪にし、
輪をとじて
 1本ししたら端を下にして
 足の付け根が隠れるぐらいの位置
 で上部をとじつける。
   
                 
          C 牙・目
 白ぽっ意気地を切り抜き
 写真のように貼り付ける

 逆だとイノシシ?
 目も切り抜き 
 
   
 足と耳に不織布を使う。鼻先を付けてこれでひとまず完成形         正月用の市松模様、お目出度いイノシシ