海老
  
海老の曲がった形から
   年を取っても元気で長生き
   長寿の意味をもつ。

  
いろいろな形の海老があるが
    なるべく取りかかりやすいようにと
    ひだを取り、曲がった感じを出す
    型紙を作った。
 
         
   1 ひだを作る

@口縁のように両端を0,5cm
 内側にたたみ、横長中表で
 半分に折る。
 
  Dまち針を丁寧に打ち、ひだ
 の左右が少なめにでるよう
 にひだを整えてから縫い合
 わせる。
         
  A輪の反対側を長(表)・短
 (裏)でぐし縫いし
縫い縮め
 る。
 ・5cmぐらいでとめる。
    E表に返し綿を入れ、形を整
 える。
 
         
  Bひだを整えながら0,8cmの
 ところをなるべく直線になる
 ように糸で固定
 ・4cmぐらいでとめる。
 
     4 目を作る

@黒の布を二つ折りにしてキッチリ
 巻きボンドで固定
A倍の面積の赤い布を二つに折り
 @を巻いてボンドと固定
B布端を内側に折り糸でとめる。 
 
         
   2 尾を作る

@中表で縫い合わせ表に返
 す。・角は一目とばし
A真ん中をつまんで端を寄せ
 山3つのひだを取り、
 糸で固定。
   5 触覚を作る

@0,6cm幅の布に薄くボンドをのせ、
 ワイヤーをはさみ端にきっちり押
 し当てる。 
         
  3 胴を作る

@背の丸みをつくる。
 ・下から縫って背にそって
  消えるように縫い止める。
 ・
    A余った布はワイヤーにそって
 なるべくまっすぐに切り取る
         
  A線の真ん中を折ってピンタ
 ックを4本縫う。
 ・4本の間隔は背でおなじ
 
    B目元は綿をはさみボンドをのせ
 触覚を固定
C巻き付けたらきっちり糸でとめる。
 
         
B頭を胴に縫い付ける     D頭の返し口に両端に目元をよせ
 縫い付け、開いたところはまつる。

E触覚は良さそうなところで外側に
 曲げる。

         
  B尾を内側にはさみていねい
 に縫い合わせる。
 
    F高さを決め、底が平らになるように
 はさみで切る。

G目の位置は最後、先が外を向くよう
 ボンドで固定。
  C余った縫い代は自然に胴の
 縫い目につながるように縫い
 付ける。