折り鶴袋    羽根を重なりに
    差し込んだもの

 こちらは酒田の作り方
 頭と尾の付け根はわざと出して
 形を作る。
     
 色の組み合わせ
       は自由

 生地が厚かったので、折りが
 スムーズにできなかった。
             
1 羽根・頭・尾をつくる
 2等辺三角形を表裏各4枚
 裁断するが、形がずれやす
 いので堅目の方の布を先に
 切って、もう一枚の上に載せ
 中表でまとめて縫う。
  尾・頭・羽根が完成
       
             
2 4枚ともきせをしっかり掛け
  表に返す。

   5 胴を作る
 タテ、ヨコを3等分、対角線
  を折って印を付ける。


       
             
3 羽根を作る 
  写真のように折って端を仮止
  めする。
  目立つので一番先がきれいな
  ものを使うとよい。

 
   向き合った2辺を写真の
 ように折り、タテに糸で留
 める。
 
     
             
 4 尾を作る
  折り紙の鶴のように折って
  真ん中は綴じる。

  
   0,2cmのところを仮止めする

 重ねに羽根を付ける時は
 羽を一緒に重ねる。(上の写真)
       
             
5 頭を作る
  折り紙の要領で折ったら,
  2本取りの黒い糸でくちばしの
  下から入れて、左右の目を刺
  し最後はくちばしの下で
               玉留め。
  6 口縁を付ける

 縫い代の長さが合わない時は
 口縁の縫い代0,5cmで調整
 生地が何層にも重なるので
 縫うというより針を垂直に刺すと
 いう感じで縫い合わせる。
 
     
             
   

 
 7 紐を通したら完成

  紐の先にはくくり花を
  絞って付けている