南瓜・かぼちゃ

        いつもよりていねいに説明しています。
       作ってみて下さい。  
   
   <材料>        
  ざっくりした布の方が扱いやすく
 感じが出しやすい。
 本体 直径 13cm
   (我が家の汁椀と同じ)
 ヘタ  直径3cm
   (小さい方の糸巻きと同じ)
 茎  3cm さげ紐
 
・ 上のしわの深いところから針を出し、
  下に向かって糸をかける。
 

・ 針の出し始め、終わりは特に注意
  指で押さえてから糸を引く。
 
   <作り方>       
  1 本体を縫う
  0,5cmの縫い代、針目は0,3cm
 ・ぐし縫いでザクザク。
 ・ぬい始めは裏側から
  終わりは表に針が出るように。
  2,3針気持ち外側を重ねるて縫う。
 (同じ所をすくうと絞れなくなるので注意)

  
  ・ しっかり引くとはじめの玉結びが消え
  糸も布の中に埋没。
・ 上で玉留め。

・ 形を整えながら、本数を決める。
  小さいので5本から7本ぐらいか。
 
           
  2 ぬい縮める
  化繊綿は小さめのげんこつにふんわり
  まとめ、本体の中へ入れる。
3  綿を入れる
 親指で押し込みながら、糸を引く。
 ・足りないと感じた時は、まわりから入れ
  るとまとめやすい。 
 
  5 がくを作る

 縫い代0,3cmで小さな針目で
  縫い、円になるように引き絞る。
 
           
  4 本体をとじる
・ 手のひらで包むようにして糸を引く

 
 糸の引きは詰め口と糸の加減で
 力任せにすると糸が切れやすくなる。 
  6 がくをまつり付ける

・ 玉結びが目立たないように内側から
  針を出す。
・ 玉留めはスキマに針を入れて強めに
  引き、布の中に入れる。
 
           
  ・ 縫い代を内側に入れるためにハサミの先
 を使って押し込む。


・ 安定したらしっかり糸を引き、2,3ひだ分
  をすくってから玉留めする。
7 茎を付ける

・ 切りっぱなしの紐の真ん中をがくの中心
  で縫い留める。
・ 玉結びはがくをすくってひもの下
  玉留めは2本の内側に来るように作る。
 
           
  5 カボチャのひだを作る

  玉結びを作り、下から上に向かって針を
  出す。
・ 茎の太さを出すために2本を
  糸ですくい合わせまっすぐ立つ
  ようにする。
 
           
         まだ茎が長いかな

    取りあえず完成