2017年1月〜2月
 おばちゃんのつぶやき      

                      前のページはこちらから
     
 1月   試行錯誤の酉(ニワトリ)はこのかたちで皆さんに。使った生地をみると、大勢の方に
お世話になったことがわかる。今日で今年度の教室の終了。でもそのまま継続する方
が多いので、最後という感じはしなかった。
     
    ちょっと泥縄だけど、今夜のつる飾り教室の課題が完成。初心者も経験者も何カ所か
の集まりなので同じ課題にならないようにするのが気を遣うところ。仕上げの最終回。
初めての方は12ピースの七宝鞠、経験のある方は30ピースの七宝鞠のとじ合わせで
す。商工祭主催なのでここの作品はこみせで見られます。
 
     
 2月   今年の10月から始めたみなさんが作った作品を家老屋敷に飾りました。完成するとう
れしいものね。椿袋は廊下から移動、今回もいろいろな飾り方の工夫がありました。
2月2日から3月5日まで行方市麻生藩家老屋敷記念館(入場無料)で見られます。
 
     
     白帆の湯文庫近況報告  静かな展開ですが、利用者は増えているとのお話し。
こちらも受付の方はじめみなさんが見守ってくれています。最近、寄贈本がいただ
けるようになりました。こちらは文庫本と新書版のみ。きれいな本はまた皆さんの元へ
。ありがとうございます。
     
    「こみせ」のつるし飾りつくり体験教室、今日は経験者の方が生徒さんだったので、
これまでの技で作ることができる紫陽花を作りました。小さな花を8個作って土台に
止めて葉っぱを付けて完成。手のひらに乗るぐらいの大きさです。叔母ちゃんのコー
トが変身しました。
 
     
    今日は時間ができたので、江戸崎のひな祭りに行ってきた。手つくり感満載のいい感
じのひな祭り。 昔は商人宿だっという地域の皆さんのたまり場?風情ある遊笑館とい
ういう建物にたくさんのつるし飾りがあった。裏には食事のできるスペースがあって500
円ランチをやっている。たくさんの方と情報交換。おしゃべりはおもてなしだねぇ。
写真は美容室の一角でパチリ。
 
     
    麻生藩家老屋敷のイベント「つるし飾りつくり体験」が昨日行われた。生涯学習課主催
のこのイベントは家老屋敷のひな祭りから続く。今回は次年度への予定を決めること
ができたこと。家老屋敷のつるし飾りのアイディアを受けてもらったのもこの体験教室
の実施中。何事も温かい方が良い。写真は今年課題「ちょうちょ」
 
     
     午後から石岡のひな祭りへ。「おかえりなさい いしおか・・・」というのが今年のキャッ
チコピーらしい。故郷に帰ることができなくても石岡のお雛様が迎えてくれるよ、なんて
感じかな。写真は「すずめや」さん。手ぬぐいや浴衣を作品にしている。祭りグッズの注
文制作販売がほとんどとか。もう7年、古い店を借りて頑張っている。左下は石岡の獅
子頭。