ウ チ ヨ ミ(家 読) の ス ス メ
   
  ゲームもいいけど、本は世界も楽しいよ♪
       家族で同じ本を読んで、家族の話題をひろげよう。
 
 ●        絵本はね、読んでもらうと心地よい
      
   
    音にした言葉で伝えることが、基本だからね。
    だから、気持ちいいんだ。
   本を間において誰かのそばにいれれるなってステキじゃない。
   それが好きな人だったら、最高。
   大人だって、小さな子だって、面倒な年頃の人だって
 
        家族の集まる部屋に本を何気に置こう
        
    なかなか本なんてすすめられないものね。
    家族だと余計、面倒がられていやな気分になったりする。
    でも何気な1冊だと、読まないまでも「これ何?」なんて!

  宅配便の貸し出しは1ヶ月間。家中で「ビブリア古書堂の事件帖」
    を読んだとか。
    そしたらTVドラマが始まって突っ込みどころ満載で、家族で盛り上が
    ったそうだ。
                      そうだろそうだろ、あたしも入れて
    
    
   
            おばあちゃんが読んでたよ
    
    孫が何を読んでいるか、気になるけど借りてまではね。
    でも居間にある文庫の本なら、気兼ねなし。
    子ども向けでも読み応えのあるは、面白い。
    そのうえ、読みやすいし、字も大きい。
    本によっては、なつかしいなんて言うのもあるかな?

  「画本宮澤賢治」のシリーズ。小林達也の版画が美しい。
    ついついその個性的な木版画、銅版画、鉛筆画に家族で
    ひき付けられて毎月、楽しみになったときいた。

        絶版になってしまったので、全巻揃っていないんだ。探しているけど。
           
                つ づ く