馬  
            リバーシブルの風呂敷で作ってみた
      
  1 耳 
@中表、0,3cmで縫い合わせ表に
 返し形を整える。
Aネズミの要領で形を作る。
 ●付けるときは下側を折り込み
  縫い付ける。
    ●端は4枚の布が重なるので、
 緩まないように四つどめする。
 やり方が分からないときは、
 それぞれの終わりをきつめの
 返し縫いで。
 
         
  2 たてがみ
 4cm×6cmほつれにくい生地
@横長半分に折り、斜めのほうが
 前。
Aわの下側を0,5残して垂直に
 切り込みを入れ、終わりは斜め
 に合わせて巾を調整する。

 
    6 たてがみと尾を付ける
@中表0,5cmでたてがみを内側に
 0,2cmぐらいはみだすように
 たてがみをはさみ、ピンを直角に
 打つ。
●見えない方の布が外れないよう
 に気を付ける。
         
  3 尾 4,5cm×4cm 
      2と同じ生地

@0,5cm残して同じ巾で切り込みを
 入れる。 
A0,5cmを糸で結ぶ。
    A前足の付け根〜顎〜鼻〜頭〜背
 〜尻〜後ろ足の付け根までを
 ていねいに縫う。
●布が重なる部分は半返しか、
  細かく縫う。 
         
  4 足
@左右中表で0,5cmで返し口を
 残して縫い合わせる。
 ●縫い代を残し、始めと終わりは
  きつめの返し縫い。 
    B表に返したら、形を整える。 
         
  A返し口はそれぞれ外側に折り、
 一目落としで押さえ、両端を2回
 縫い止める。(さるぼぼの止め方) 
    7 綿を入れる
@鼻先〜首〜足〜尻〜背〜腹の
 順にきっちり綿を入れる。
●首や足の付け根に皺があるよう
 だったら綿が足りない印 
         
  5 胴に足を付ける
@中表で胴の足部分に足を合わせ
 縫い代0,5cmで一周縫う。 
    8 顔
@目は耳の位置方針を入れ、顎の
 上に2本取りのナッツステッチ
A耳は立てるように一番高いところ
 に下を折り込んで付ける。
B口は2本取りでしっかり糸を引き
 形を作る。
         
   こんな感じ
 
 注意点は右上をご覧ください。
    9 紐
@鼻を一回りして口元で結び目を
 作る。
A耳の後ろを通して反対側の口元
 で結び目を作り、両端を結ぶ。
B目の下にたるみをつけ、結び目と
 耳の後ろあたりをボンドで固定
 
         
   ●生地は色々試してみると良い。
    白地は縁起が見た目も良いらしい。
   ●たてがみと尾はほつれない生地が扱いやすい。
    生地のよってはボンドで貼り合わせ使う。
    今回は不織布を使用。  
   

  
   
      10 鞍  切りっぱなしでボンドで固定 
         
       ちと難しいが、動物の足の付け方の基本なので、しっかり覚えて色々な動物や干支に応用しよう♪
         
         
      
   オリジナルいのしし 干支            水牛 イノシシの応用  生徒さん