四方飾り
   
と名付けて良いかな?
 
         
  < 型紙>
  大きさはお好みで1:2
  
 ●縫い上がりは一辺が
 0,5cmぐらい小さくなる
 
    5 綿はふんわり入れる。

 ●たくさん入れると形が
  ゆがみやすいので注意。
         
  1 正方形になるように中表
 で折って縫い代0,3〜0,5
 cm縫い合わせる。
 
    6 反対側をつくる。

 ●縫い方は同じ
         
  2 表に返して縫い目が中心
 にくるように折る。
 ●きちんとした正方形に
 ならないので長さには厳しく

 
     ●綿が入った方が仕事が
  スムーズ
  ●針先を使って布を折り込
  むと、仕上げがきれい。 
         
 
    7 各辺が同じ長さになるよう
  にひだを取り、両端は付き
  合わせるようなイメージ。
 ●重ねはできるだけ少なく。
 ●下の生地はすくわない。

 3 縫い代をギリギリのところですくうようにして針を入れ、
  反対側をすくう。
糸は切らない
     
         
        8 糸を隠すのと強度を付ける
  ために小さなものなら円とか
  正方形をボンドで貼り付ける。

 ●刺繍糸や手縫い糸などで
  作った房を付けると豪華
  (上下の写真)
 
 4 両端をそれぞれ折り込み先端に針を入れ、反対側も同じよう
  に針を入れ中心でひきぼる。 ●先端は三角になるので横向き
  に針を入れるとしっかりする。●形を整えてから綿を入れる。
   ・ 縫い代は生地の厚さに合わせる。

  ・ 厚い生地や大きめの時は芯を入れてボリューム感を出す。
 
         
 
    色や生地はお好みで。大きさもいろいろ試してみよう。 
                                             
  ・左はウール地 16cm×8cm
    直線ばかりなのでかえって作りやすい。

  ・右はクリスマス柄の木綿
             10cm×5cm