珊瑚     小判    
               
      <材料>
横に絞がある化繊の風呂敷
利用。
 芯    厚紙
 表布   芯+1,5cm
 化繊綿  少々 
 
     
  <作り方>
1 表生地の内側0,5cmに
  ぐし縫いし縫い縮める。
2 うすく綿を広げ芯を置き、
  形を整えながら玉結び。
 
 芯:厚紙  表地:化繊の風呂敷(薄地がよい)      ●左は裏地をつけたもの。
 一回り小さな小判型を
 縫い縮め、まつり付ける。
●小さい物ならサイズに
 切ってボンドで貼り付ける。
 
 
     
  1 厚紙を切り抜き、
        芯を作る。
2 芯の周囲を0,5cm以上
  とった表地を用意
3 芯の表にボンドをうすく
        一面に塗る。
 
     裏の処理はお好みで
 必ずしも同型の物を作って
 まつり合わせなくても
 いいかな。
 
     
         松      
  4 ボンドが乾いたら
  のり代分0,5cmを
  切り取り、
  折り返しのための
  直角に切り込みを入れる。
  
    <材料>
 芯    厚紙
 表布   芯+1,5cm
 化繊綿  少々
 手縫い糸 2本取り  
     
               
  5 のり代にボンドをつけ、
  ハサミやピンセットなどを
  使って折り返す。
  形を整えるときも手は
  使わない方が仕上げが
  きれい。
 
    <作り方>
 1 小判と同じように縫う。
 2 綿は3つ分けて入れる。
 3 凸凹があるので形を作る
  のが難しいので、へこみに
  糸をかけ強く引く。下図
 
     
              
  ●角がきっちり出るように、
 半乾きのときに、しっかり
 形を出す。
●あまり複雑にするときれいに
 仕上げが出来ないので無理
 はしない。
●裏は同型を作り貼り合わせる。
 なくても良いかな。
 
     4 上図のように飾りの
  刺繍を裏から針を入れて
  ゆったりと刺繍が大きく見
  えるように刺す。
●重ねて飾ることもあるので
 山の位置を左右にずらして
 変化をつけるのこともあり。
     
             
       <作り方>
 1 真ん中は左右対称形、
  左右は片側を膨らませ
  た形を作る。返し口は上
  の直線部に作り、
  大きさは親指巾で。
 2 綿を薄く入れ閉じたら、
  3枚を形良く上部で縫い合
  わせる。
 3 手縫い糸2本取りで
  刺繍する。  
 
     
 大きな珊瑚にしたいときは、小さなパーツを作って
  好みの感じに貼り合わせると仕事がしやすい。
 裏面の補強もお忘れなく。