訂正版ミニ宝袋
  

        小ぶりで簡単
  
         
  材料
 12p×12pの正方形
 表・裏各1枚 
    C 裏から針を入れて表に
  出し番号順にすくっていき
  1番に戻り、出来上がりを
  イメージして糸を引く。
 
 
         
  @ 中表で0,3から0,5pの縫い代で
  一周縫い合わせる。(返し口なし)
  ●角は半目飛ばし
 
    D 綿を入れる。
  量は形を見て。

 ●この時点ではひだの取り
  方はわからないので、
  正面を作りながら、両端と
  順々に。 
 
         
  A表に返す  
  裏の真ん中に3pほどの切り込み
  を入れ、きせをしっかりかける。
  ●裏をだしたいので、表を見ながら
  しっかり折る。
    E もう一度形を整えたら、
  リリアン、つるし紐などで
  正面に蝶々結ぶが来るよ
  うに仕立てる。
  
 ●口は絞めるすぎない
  ほうがどっしりした形に
  仕上がる。
         
     
 B印をつける

  型紙に合わせて12個印をつける。
 ●ボールペンでOK

 1.用布に10pの正方形を書く。2.内側に1cmの正方形を書く。
  3.角から中心に向かって3cmに印を付ける。上図のように@〜
  Kと上写真を参考に番号を入れる。 
 ●裏から見て作業をする。二重線は裏、点線は表に糸が出る。   
   <ひだの取り方>
 前は真ん中が大きくて、左右に小さなひだができる構造。
  両端は中心に比べると少し小さめなひだ。
  裏は前と同じ。難しいのでほどほどに。
  ゆっくり整えながら形を作っていこう♪
   
        ◎ 短時間でできるのでたくさん作って、輪飾りに効果的に飾ろう