祭人  
 作り方の写真がいろいろな写真を使ったので     
   1 頭 直径8cm
 @縫い代0,5cmでぐし縫い
 縫い縮め、糸は遺したまま。
 A綿は球体に畳んで入れる。
 
  3 腹掛けと手ぬぐい
  腹掛け 3,5cm×2,5cm   形は縦長の台形 
                     切りっぱなし
  紐 10cm×1,5cm×2本
  ハチマキ 15cm×1,5cm
 
   
         
   ●しわが出来ないように
  しっかり。足すときは真
  ん中ではなく周りに
  ハサミなどを使って。
 
 B力を入れて穴を塞ぐよう
  に引き絞り、3山ほどをす
  くい玉留め。
●2周目もあり
     @紐は三つ折りにするが、
 外側は控えめに折り表
 から見えないようにする。
 A下の写真のように仮置
 きする。
 
 Bハチマキも同じ作り方
 C下のようにねじって端は
 立てる。●結び目はなし 
         
  2 胴 
 型紙は同じものを色違いで
 2枚
 @、直線部を中表、
  上は1cm、下は0.5cmの縫い
  代で縫い合わせる。
 ●上が上半身なので短め 
     ●できれば左右1cmの
 三つ折りはなるべく細くな
 るように折る。それ以外部分
 はなるべく幅広の三つ折りに
 する。
 
         
  Aそれぞれをさるぼぼのように
 縫い合わせる。
 ●先端は小さく(点)返し縫い。
  
    4 仕上げ
 @腹掛けの下部だけに
 ボンドを付けて固定
 A頭は肩からすくうように針
 を出し丁寧に強く引いて固定
 する。
 ●前は腹掛けの上から縫う。
 
         
   ●反対側は3回ぐらいの
  返し縫い。
  (左図でいうと谷の所)
 B表に返したら、形を整える。
 
     ●一度できれいに出来ない
 ときは上からもう一度縫う。
 
 Bお試しで腹掛けの紐は腹掛
 けの下にはさみ、上は斜めに
 切って頭と肩の間に押し込む。
         
  C綿は手足の先から4つに小分
 けしたものをだんだん大きな
 小分けにして入れていく。
 背原は最後に。
     C紐の裏側にはみ出さない
 ように丁寧にボンドをのせ
 固定。
 ●必要に応じて腹掛けの
 裏にもはみ出さないように
 ボンド
   
         
         Dボンドを頭上においてから
  ハチマキを載せて固定
  ●生地によってはボンドが
  ききにくいので注意

 
 粋にのせたい
         
   D 腹を縫い合わせる時は、
 足からスタート(左上)。
 2回すくってコの字まつりで
 とじ合わせる。●垂直に山に
 針を入れコの字にのように
 綴じる。●終わりもスタート
 と同じ同じ。糸が見えない
  
   
  
         腹掛けは黒が一般的。上半身を色、下を白にしても良い。
 
        
 お祭りの手ぬぐいで。 たすきをして鈴を下げた。      股引きと腹掛けを黒にすると本物っぽい。
        手ぬぐいは鯉口シャツと同色。