お地蔵さま
 
子どもの守り神として親しまれている
  大地が全ての命を育む力を持つという
  ところからこの名前
 
 
 <材料>                     単位はcm
 胴  芯(ボール紙) 6×12,5  
    大きなヤクルトの空き容器
    or 安田ヨーグルト空き容器から選んでどうぞ
 胴表生地 丈+上下各2  巾+1   底 直径4 表布 直径6
 頭  直径8   耳  3×2×2枚  よだれかけ  6×18
 袖  12×4×2枚   手 2,5×2,5
 傘 ボール紙直6.5  傘内布(赤)直径6 
 数珠 ビーズ15ぐらい     
 
     6 胴
 @0,5重ねてホッチキスで留めて
  筒を作る。
 A表布を中表0,5で縫い合わせ
  底側をぐし縫いし縫い縮める。
 B裾にボンドを付けた@を中に入
  れる。
  
         
   1 頭
 @縫い代0,5でぐし縫いし
  綿を入れ横長に形を整える。
 A半分ぐらいの大きさで0,3
  ぐらいをぐし縫いし、当て布
  を作り縫い止めるかボンドで
  固定  
 
      ●綿を入れると安定する。
 C縫い代0,5でぐし縫いし、
  芯を入れて絞り、2,3山とって
  玉結び
  ●底には綿は入れない。
   
         
   2 耳
 @0,3でぐし縫いし綿を入れ
  て形を整える。

 A半分より上の両端をすくい
  ながら真ん中に点をすくり、
  3のような形を作る。
     D底は胴にしっかりまつり
  付けることで安定する。
  ●サイズはピッタリでなくても
  良いが大きさは一回りぐらい
  小さく 
  Eへこまないよう綿を入れ
  上部をぐし縫いし縫い縮める。
         
   B耳のへこみの所に糸を掛け
  強く引いて形を作る。この糸
  は残さない。
 C顔の半分より下に強めに
  まつり付けながら形を整え
  る。
     7 傘
 @ボール紙に切り込みを入れ
  1,5重ねて糊でとめて形を作る。
 A@と同じ大きさの内布を中心と
  まわりに少なめにボンドをのせ
  た傘の内側に貼る。
B乾いたら
  余分な部分をきれいにカット
 
       
   3 よだれかけ (赤)
 @輪に縫ってから半分に折る。
 A輪の反対側をぐし縫いし、
  縫い縮め、頭と衿のバランス
  を見て大きさを決める。
  正面側を多めに出す。
 B頭を衿に丁寧に縫い付ける。
 
     8 数珠
 ビーズの大きさによって
  12個ほど

 @糸を通して結び、そのまま手
  にしっかり結びつける。
  A下に手縫い糸2本取り
  で房を作り留める。
  
         
         
         
   4 手 
 @三角に折る。(左)
 A頂点に向かい底辺の両端を
 持ち上げる。(中)
  B頂点から内側に折って端を
 仮止めする。(右)
 
    9 顔
 @耳の横に手縫い糸黒1本(左1cmぐらい)を置き形を
  決めてからボンドをのせ楊枝などで形を整える。
  口(赤)も同じ。左が作りやすい。
  A白毫は手縫い糸2本取り、ナッツステッチ。
  色は明るめで。
 
         
   5 袖
 @中表0,5 左のように手を
  内側に入れて縫い合わせる。
 ●手先だけは一周ていねいに
  ぬってから袖全体を縫う。
 A返し口を残し表に返し形を整
 える。
 ●返し口は胴に付けるとき
 に綴じる。
   
 10 仕上げ
 @傘をボンドで頭に留める。
  A手に数珠を糸でつないで
  持たせる。
  傘、よだれかけ、数珠は必須アイテム。ちなみにお地蔵様は延命、宝処、宝手、持地、法印手、堅固意の6体。  
       
 この取り組みのきっかけになった生徒さんの作品
  台はヤクルトスーパーの空き容器。重さがないので小石入り。
  着物は黒地に華やかな梅模様。これもありか。

  
   写真だとわかりずらいのですが、背高のっぽのお地蔵様。
  台は安田ヨーグルト。しっかりしているのでおもりも綿も必要なし。
  よだれかけは赤の方が良い。