春駒  
         
  1 本体
@中表、0,5cmで縫い合わせ、
 カーブのきついところに切り
 込みを入れ、表に返し形を
 整える。
A耳はネズミと同じ作り方
 
    ●片側だけ端を畳んでおく。
B本体の底が見えないていど
 の位置を決める。
C緩みがでないように重ね部
 分を強く引き、本体に縫い付
 ける。
 
         
  B耳は首のカーブから垂直に
 伸ばした頭部に端を内側に
 折り込んで耳のい丈の半分
 ぐらいを
 きつくまつる。
C化繊綿を入れ、返し口をぐし
 縫いし縫い縮める。
    4 くつわ 35cm
@紐を半分の長さに折り、
 鼻の上に置く。

 
         
  C口は好みの色の手縫い糸
 2本どりで半分より下、
 1,5cmの長さでA回ほど
 糸を強く引き、形作る。
●始めの玉ぬすびは、くつわ
 が隠してくれる。
 
    A顎の下に紐を回し、反対側
 の口の脇で紐を掛け、頭頂
 に紐を掛けて反対側を仕上げ
 る。
 
         
  2 たてがみT
@好みの色の手縫い糸を指3本
 に15回ぐらい巻き付ける。
 
A真ん中を結び、半分に折る。
    ●写真は紐のかけ方

BAの続きで持ち手を作り、
 紐を背に回し緩みを持たせ
 結ぶ。
 
         
  B片側を房のように同じ糸で
 固く結び、反対側の輪を切り
 床屋さんの要領で切りそろ
 える。
●首につけるたてがみUが
 うまくいかないときは面倒でも
 これ(10回巻き)を作り固定 
    C結び目や口元を形良く整え
 てからボンドで固定する。
●口元の玉結びが見えるときは

 紐を寄せて隠す。
         
  C耳の間にたてがみを載せ、
 糸かボンドで固定
D目をつけ、黒目はマジックで
 
  5 たてがみU
@首に間隔を等しくして4〜5
 カ所ぐらい位置を決める。
A手縫い糸2本どりで一針に
 つき70cmぐらいの長さをと
 り、縫い目をまたぐように5周
 ほどで糸を揃える。
         
  3 前だれ
@二等辺三角形を中表に折り
 縫い合わせ半分の大きさの
 三角を縫い表に返す。
A表を決め、表側の底辺に
 飾り帯ををバイアステープを
 付けるように縫い付ける。
 
  A本体から結び目が離れない
 よう 結び目を丁寧に作り、
 同じ長さで切りそろえる。
 
         
      玩具なので返し口に棒を差し込み、先端に輪をつけるというのもあり。馬の頭なので、垂直に立てないように。
  ●春駒の基本は白馬
  ●たてがみも白が多い
  
  ●アーモンド形目は口の延長上につけると収まりが良い。
   黒目はボールペンかマジック
 
  ●ピンクのシーチングに
 オレンジの紐はリリアン、
 たてがみは花を結ぶ紐