半天・祭人
 
半天を着せた祭人の応用
 
 
         
  1胴
 @下半身は上半身より
  0.5cm長くし、縫い代
  を控え縫い合わせる。
 
    2 半天  16×8
 @長方形を半分に折り
  袖口を2cmほど輪にし
  て残し、中表0,3cmで
  袖下を縫い合わせる。
 A裾を0,5cmで折り返し
  ボンドで固定。
         
   A下半身の足先から
  中心に向かって縫い
  終わりは3回ほど返
  し縫い。
 B反対側の足は中心
 で3回ほど返し縫い、
 足先に向かって縫う。
      B胴に半天を着せるが、
  前後はないので着せて
  から前を皺の無いように
  左を上に折り、形を作る。
 C背は皺無しですっきり。 
  
         
   C上半身は腕だけを
  縫う感じ。中心部は
  3回ほど返し縫い。
 ●縫い合わせると下の
 写真のようになる。
    3 頭
 @直径8cmの円を0,5cm
  でぐし縫いし球形に折った
  綿を入れ縫い縮める。
 A肩から針を入れしっかり
  縫い付け後ろは半天を沿
  わせるように縫い付ける。
         
   D綿は同じ量の4つ分
  を先端の少量から少し
  づつ量を増やして詰め
  ていく。
 
    4 仕上げ
 @帯(1,5×22cm)は
  三つ折りにし、写真のよう
  に最後の折は表に出ない
  よう控えめに折り、そこに
  だけボンドを薄く付け、伸
  ばすように引っ張り形を
  整える。  
 
         
   E始めと終わりは2回
  ほど針を刺ししっかり。
  途中はコの字まつりで
  しっかり引けばきちん
  と隙間無く合わせられ
  る。 
     A帯はなるべく下の方に
  つけ、結び目は固結び。
  裏が出ない用に調整し、
  端をカット。
 
         
     B手ぬぐい(1×10cm)は
  帯と同じ作り方で祭の粋を
  出すために両端を1,5cm
  づつ残してくるくるひねる。

 C輪にして両端を結ぶか重
  ね形を整える。

 D位置を確かめてから頭に
  ボンドを付け、固定する。  
 
 
 

 人形が小さいので色数は増やさない方が良い。股下は黒か紺。白もある。
 ●半天を着せてから、頭を付けるというのが大事、その時に肩で土台になる胴に針を通す。