どんぐり  
         
   材料
 本体 
  6,5(7)cm×4cm
 傘
  6,5(7)cm×3cm
 化繊綿・手縫い糸
    4 糸はそのままにして本体
  の先端をカットする。
  ●輪になっている方はカー
  ブの分だけカット。
         
  1 中表、縫い代0,5cm
 で両端は縫い代分空け
 返し縫いをして縫い合
 わせる。
     4の続きで本体を縫い。
  玉留めした後、糸は切らず
  にそのまま。 
 
         
  2 本体を上にしてきせを
 掛ける。
 ●返したとき、傘が本体
 に載るようなイメージ。 
    6 5の糸を縫い代の巾、半分
  ぐらいを反対側に2重になる
  よう縫い玉留め。
 
         
  3 上から糸をかけて
 傘を本体のつなぎ目まで
 ぬう。つなぎ目は力が入
 るので、何回かに分けて
 緩まないよう返し縫いを
 する。 
    7 表に返し綿を少しずつ入れ
  る。
 手縫い糸30cmを2本取り
  で縁から0,5cmを内側から
  針を出し、内側で終わるよう
  にぐし縫いする。

 
         
     

 どちらも本体は裏地
  傘は同じ縞のウール地
9 縫い縮め、縫い代内側に
  押し込んだら、糸を固結び
  し、好みの結び方で糸先を
  始末する。
  ●上手く入らないときは、
  ハサミなどで縫い代を
  しっかり押し込むといよい。

●本体の縫い代を2重に縫う
 のは仕上げの針目が目立
 たないための工夫。
 小さいが始めと終わりは
 きつめの返し縫いで。
 
         
       形や大きさ、生地はお好みで。傘になる生地は本体より厚めの方がバランスがよいよう。